【ミニマリストなくらしでわかったこと】モノのないくらしでやりたいことが叶う

ミニマリスト*断捨離
スポンサーリンク

あお@kulaslakです

3週間限定でひっこしのため、ミニマリストなくらし
を経験しました。

 

 

流れは・・・
Twitterでふりかえる1
Twitterでふりかえる2

ミニマムなくらし
洗濯機がないくらし
冷蔵庫がないくらし

 

とこんなかんじでした。
まだお読みでなければ読んでみてくださいね。
ざっとひっこしまでの流れがつかめます(笑)

 

めんどくさがりでも
3週間、ミニマムなくらしをクリアできました。
いや、めんどくさがりだからか?

 

さて、今回はこのミニマムなくらしで
感じたことを書いておこうと思います。

 

ミニマリスト
という言葉の定義みたいなものもあります。

今回は“ひっこしで家財を運んでしまい 家電のないくらしをどうすごすか?”
ということでした。
だから、ミニマムなくらしがしたくて はじめたわけではなく

まさか!強制的ミニマリスト生活限定スタート!!
ゆるミニマリストが2週間限定でミニマリスト生活スタート

ひっこしの為の期間限定家電なしのくらしを
ミニマリストなくらしとして 楽しんだ ということです。

 

 

スポンサーリンク

モノがないくらしは快適

快適

家財がなくなってから1週間くらいで
洋室リビングを 和室リビングにしました。

どういうことかというと
こたつを移動させて、和室ですごすようにしたんですね。

 

今までの洋室リビングでは2人だけだと
なんにもなくて広すぎるし、落ち着かないし
日も当たらずに寒い。

 

でも
和室は昼から日差しがあるので暖かいんです。
いままでは和室にも、木製ロールカーペットをひいてたのですが
これもなくなって畳になったので
ここにこたつを置くことにしました。

和室にこたつでほっこりー^^

いままで洋室がリビングでしたが

 

 

和室にかえて まったり感がUP(↓この右端くらいにおいてました)

 

①サンキャッチャーで日光をたのしむ

和室をリビングにしてから思いついたのが
サンキャッチャーを
カーテンのないカーテンレールにつるすこと!

そうそう、カーテンもひっこしで持っていきました。
古いほうのおうちは高層階でしかも高台の上だったので
カーテンのないくらしでも、人目は気にならず平気でした。

それで、サンキャッチャーをカーテンレールにつなぐのは
カーテンや他の家具があったら
たぶん思いつかなかったと思います。
なぜなら カーテンをしめるとき邪魔になるから^^;

 

家具がない部屋の壁
うつしだされるプリズムには癒されました^^

いつもだとこの時間は夕食の準備なんですが
2人ぐらしの買いだしは食事の前にいっていたので
このプリズムタイム♪が終わったら
近くのスーパーに買いだしにいって
すぐ準備してたべる、という流れになっていきました。

モノがなくなってから思いついた豊かなじかんの1つです^^

 

②いままで飾っていたコケもミニマムに

出窓に、もらったお花と
グルーミンググッズをおいていました。

 

なにか手のかからないグリーンがほしくて
多肉植物と苔がわが家にいます

 

お花のヨコにあるのは苔栽培キット?みたいなやつを
このひっこしを機会にミニマムに瓶につめかえました

これもひっこしと時間に余裕があったから思いついたことです。

瓶につめたらテラリウムみたいで毎日元気です

☆Before このキットを2枚目の写真みたいに飾ってましたが
コケは手間いらずなのに
だんだん木の箱からゴミがでるようになって
そっちにちょっと手間がかかってました(笑)
が、解決しました。

☆After

キットで売ってるかわいいテラリウムはこれ

こけってなかなかミニマムにかざれるので気に入ってます。

モノのないくらしで得た豊かなじかんの1つです^^

 

 

③そうじがはやくおわる

これはどういうことかというと
いちいちモノをかたづけたり
どかしたりしながらしなくていいので
無心でそうじできるので瞑想っぽい感じにもなります。
あとははやくおわります^^

ほうきではいて
ウエットティッシュでゴミをとって
マイクロファイバーぞうきんのやさしい感触を感じながら
グイグイふいていきました

モノをのけなくても
はしっこまでふけるのはきもちいい^^

新居にはモノがあるわけですが
モノがすくないときのそうじがきもちよかったので

床にはあまりモノをおかないことが
そうじがしやすくて
はやくおわり
習慣につながる
と・・・あらためて思いました。

掃除、だいじ^^

 

 

モノのないくらしを実際に経験してみたいとき

ミニマリストってどんな感じなんだろう?
モノがないくらしってどんなかんじ?

っていうこれを体験してみたい人がいるかもしれません。
今回わが家は強制的にモノのないくらしをやっていたのですが
これに近いくらしが

ホテルに泊まる

だと思います。

ホテルに泊まると気がつくことってありますよね
・タオルや寝具は必要最低限
・冷蔵庫もミニマム
・入った時から部屋の中が整っている

モノが少なかったりミニマムだったり
部屋の中がスッキリとしてて
気持ちがいいですよね

 

あの感じに近いと思います。

ミニマムなくらしで 好きなことが楽しめる

ミニマリスト

というくらしに共感して
さらに実行にうつす人のなかでも

効率よくくらすことで 自分のやりたいことをやるため

っていう人がいます

 

今回モノの無いくらしの中で

・サンキャッチャーを飾る
・コケをミニマムにしてたのしむ
・もらった生花をたのしむ
・夜の星空をたのしむ

こういうことが楽しめたのは

はっきりいえば
・やるべき家事が少なくて時間がたくさんあった
・自分のために使える時間がたくさんあった

 

からだと思います
それにやりたいことがあって
それの準備なんかもできました。

 

ほんとうにくらしがシンプルで、自分の許せる範囲で(無理なくということ)
モノをもつことは

本当に自分がやりたいことへかける時間や心の余裕につながる

 

とうことがよくわかりました。

 

じぶんの人生をどうしたいか?
によってミニマリスト
というくらしが合う人もいると思います。

 

ミニマリストなくらしを読んでみるのもイメージしやすいので
おすすめです↓

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました