43才ゆるミニマリストやめてよかったコトー思考・ココロ編ー

ゆるミニマリズム
スポンサーリンク

あおです

2回にわたって43才シリーズの今回がラスト
今回はモノではなく考え方です

スポンサーリンク

43才でやめてよかったココロのこと

1.家族への価値観のおしつけ

他人とはある程度、この考え方でつきあってきたところがありました
でも家族は別でした

家族だから、身内だから。
相手の気持ちを考えず
自分の気持ちだけで価値観をおしつけるのはまちがっていたコトに気づきました。

本当に相手のことを考えたうえで、自分の価値観を伝えるだけ
あとはうけいれられるかどうかは期待しないようにしています

これをやめたら考えから解放されたので、すごしやすくなりました

2.正義とか悪とか 白黒はっきりすること

もちろん生死にかかわることは、これにあてはまりません
それ以外
わたしは昔から正義感と責任感が強かったんですね
それに白黒はっきりさせたい人です

でも最近思うのです
世の中で
正義、とされてきていることは本当に正義かどうかなんてわからないってこと。
悪、とされてきているものが本当に悪なのかどうか?

正義・悪という分類って必要?
正義は悪にもなりえるし
悪があるから正義がわかるのなら
じゃあ悪は悪じゃないよなー?
モノゴトには必ず裏表・陰陽がある
ただそれだけのこと

これをはっきりさせることに考えを巡らせる時間なんていらないなと思いやめました




3.ジャッジすること

これは2でもでてきてるのですが
モノゴトや人の思考を自分の価値観でジャッジすることをやめました

自分の価値観を基準に人の価値観に判断をくだすことで
相手に意見することって意味がないって思うようになりました

わたしに必要なのは
ジャッジではなくて
人の価値観もまず受け入れる
そして自分なりに消化するだけ。


4.未来の心配をしない

これはどういうことかっていうと
たとえば・・・
今これを食べすぎたら太る、っていう心配
明日の仕事は人数が少ないからしんどくなるかもっていう心配

これ、2つとも❝未来の心配❞
この気持ちってじつは
未来にぶっとんでるんですよね
ココロは今ココにいない

こんな風に未来におきそうなイヤな出来事を思い浮かべてしまうことを
やめました

なぜなら今を大事に生きていないから

今を大事に生きていれば未来への不安もないはずです。
だってその時その時がベストだから

今これを食べたいならまず食べて心も体も満たしてあげる
そのうえでいまどうだろう?カロリーとりすぎたな、って思えば
ちょっと歩くとかね。

明日の仕事のことは
明日の仕事の時間に味わえばいい
なぜなんにもない今ココでわざわざいやな気分になってるんだろー
そんなもったいない時間の使い方してたら自分がかわいそう

ってことでへんな未来への心配や不安はやめることにしました


5.まわり中心の行動をやめる

わたしは周りの人の気持ちをいちばん大事に動くヒトなんです
べつにそれが苦にならなかった

でもね、それって『自分を生きていない』ってことに気づきました
とくに家族ができてからは家族1番、自分2番

ずっと気づかなかったんです
それが喜びだったから。

でもそれ、やめました
といっても簡単にやめれるわけもなく(笑)
自分の気持ちを確かめられるときは気にしながらすごすようにしてます


まとめ

モノをすてたあと
考え方もずいぶんと変わったなと自分でも思います

モノが少ない=視覚がすっきり=思考をみつめる

モノとココロのつながりは
この本にもかかれてますが
本当にその通りだなって身をもって実感しているところです

お読みいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました