【ミニマリスト】お水見直しました・ブリタのポットがミニマム・コスパは?

スポンサーリンク
お買い物

 

 

わが家では今年の3月まで
お水はスーパーで購入してました。

 

 

3月まで集合住宅でも1階にすんでいたので
運んだり、リサイクルにだしたりは
慣れてしまえばそれほどめんどうではなくて。

 

でも状況は変わって
お水事情も住んでるところも変わってしまい
不都合がでてきて
見直さないままにすごしてきましたが
もーあかん。
ということで
お水を見直すまでの経緯と
これからどうするか?を考えました。

 

スポンサーリンク

ひっこしするまで

買い方

スーパーで500ml×24本 3~4ケース購入
2Lも買い物のときに購入(数はわからず)

 

捨て方

スーパーに行くときにリサイクルにだす
市の回収日にだす
(ほぼスーパーにだしにいっていた)

買い物かごにいれてもっていき
買い物前に処分する方法でした。

 

 

 

 

 

ひっこしてから

ひっこしてからもケース買いしてましたが
1階ではなくなってしまったので、
1ケースをもってあがるのがかなり大変に。

ケース買いしたお水を、車をおりて帰宅するときに
何本か持って帰るようにしました。

 

 

現状:西日本集中豪雨の影響でお水がない

 

九州のペットボトルの工場が被災して
いろんな飲料の生産がストップ。

 

わが家で買っていたお水もお店に入ってこなくて
2Lのを買ったり水道水を沸騰させたりして使ってましたが
だんだん水道水ばかりになってました。

 

が、水道水の沸騰時間も
10分くらい沸騰させないと有害なトリハロメタンなどは消えません。
ということを忘れて沸騰してすぐにとめていました・・・
じつは水道水は沸騰してからしばらくがいちばんトリハロメタンの量がふえる・・
ということも忘れていて、この夏はなかったことにしたいくらいです。

 

といってもおわったことは仕方ないので
また安全にお水をつかうために
いまの生活にあった方法を考えました。

 

そこでググってヒットしたのが・・・

ヌーさんのこの記事!

いつもツイッターでやさしく絡んでくださる
ヌーさんの記事^^

 

そういえばわたしも数年前まで
使ってたんですけど
あのころの私は浄水ポットを衛生的にしておくのもめんどくさかったのですよ。

で、捨てちゃったんです。
今ならきっともう大丈夫!ってことで
大急ぎで購入。
届きました。

 

Amazonでブリタのポットとカートリッジを買いました

 

 

 

カートリッジは互換品で問題がないようだったので
コストダウンしたくて購入。
わたしは、交換のタイミングでスペアのカートリッジがないと
使わなくなってしまうんで、
持ちグサレにならないように
まとめ買い。
ちなみに本体ポットはカートリッジ1つついて¥1400
アマゾンではこのプライスだったけど
楽天はもうちょっと高かったですm(__)m
商品はこんな風にとどきました。

 

では、あけますよー

ちなみについてるカートリッジは これ。

箱の右下の
MAXTRA+ 新改良ってかいてますが
これはカートリッジが改良されたのがはいってる、ということです。

 

かんたんな説明書とくわしい説明書がはいってます。

かんたんな説明書↓
本体のあけたりしめたりのイラスト

 

 

こっちは詳しいほうの説明書。
よまずに・・・・
下のイラストをたよりに準備しようかな、と思ったら

本体の袋を開けたら日本語版でわかりやすい準備の説明ありました。
これをみて準備していきます↓
ちなみにこの裏面は“ブリタクラブ”の登録特典などがかいてあります。

 

 

本体、
取っ手がついてなくてミニマムですよね。
取っ手がないので
何かと使いやすいです♪

洗う

まず部品を手洗い。

 

手洗いしながら✅したところは
洗いにくそうなところ。
底の中なんだけど
ふちはへこんで
真ん中はぽこんともりあがってるので
洗うときに気をつけたいです。

 

このBRITAのロゴもでこぼこしてます。
このボディに取手がないので
すべりどめ的な効果もあるのかも

ボディの注ぎ口部分の裏かわ。
ここもしっかり洗っていきたい。

カートリッジをお水にしずめる

こんなかんじでカートリッジを
お水の中に沈ませて、泡がでないようになるまでふります。
そんなにがんばらなくても
すぐにでなくなりました。

 

セットする

真ん中の〇どおしを意識しなくても
カートリッジをはめこむだけでOK

 

 

 

お水を本体に2回分こしてすてる

ちょっとこれがめんどうかも。

一番初めに満タンに入れたお水はろ過に4分かかったけど
つぎは半分以下の時間だったし
はじめだけちょっとまちます。

で、2回分すてることになるお水は飲食用にはむかないけれど
お花にあげたり
食器を洗うのに使えたりするので
ストックしておいたらむだなく使えます。

まち時間を使って
カートリッジ

交換のめやすがわかるのが
ふたについてるMEMO機能

フィルムをはずしたら
STARTボタンを5秒以上おして
この満タン表示が2回点滅ででたらOK

カートリッジの交換目安は8週間後なので
2週間たつとバーが1こ消えます。

 

 

 

カートリッジは互換性があってやすいものにしました

 

6こで3500円くらい。
1こあたり600円弱です。

カートリッジ1こで200L分がつくれます。

毎日2L×2本分ならカートリッジは2か月弱もちます。

 

 

コスパはどう?

ってことなので2Lペットボトル換算だと100本分。

 

・1ケースあたり6本いりとすると・・・
16ケース分をろ過できます。

 

1カートリッジ分=2Lペットボトル100本=16ケース分(2L×6本で換算)

 

・水道水は2L=1円未満

これで考えると
1カートリッジ600円+水200Lを200円=800円

16ケース分のお水を800円でつくれる、というかんじですね。

参考までに人気の
天然水はこのお値段 1ケース2L×6本で728円。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サントリー 天然水 南アルプス 2L×6本(1ケース)【3990円以上送料無料】
価格:728円(税込、送料別) (2018/9/14時点)

 

楽天で購入

 

 

 

500ml×24本で換算すると400本分
で、これも16ケース分ですね

アマゾンで1850円です。

 

簡単にまとめると
約800円で16ケース分の安全なお水がつくれる

ってことですね!

 

値段だけでみれば
ブリタで水をろ過するほうがコスパはいいです。

 

ただし
・ろ過にそれなりに時間がかかる
ということがあるので
一度にたくさん使いたいときは前もって準備するか
市販のお水を併用することもできます。

 

まとめ

わが家はブリタと市販のお水を併用するスタイルでいきます。

ある程度の市販のストック
・災害でお水が出ない時にも必要
・いそいでいるときに、ろ過したお水がないとき用

これでずいぶんと購入時の持ち運びや
リサイクル回収にだす手間がへります^^

ブリタ買ってよかったー!!

こちらから購入できます↓

 

 

お読みいただきありがとうございます!

 

コメント