ロウソクとキャンドルの違いは?ほとんどのキャンドルの原料は?○○由来のキャンドルが安心

スポンサーリンク
キャンドル
スポンサーリンク

ロウソク・キャンドルの違いは?

 

こんにちは、あおです^^

あなたはキャンドルって普段つかいますか?
お誕生日ケーキで灯すくらいだ、という方がまだまだ多いと思いますが
なかには、キャンドルを生活にとりいれているかたもいますね

それで
ロウソク・キャンドル、これってなにか違うの?
わかってるようでわからなくないですか?
別にしらなくてもいいのかもしれませんが
ぜひ読んでいただきたいです。

これは本来なら材料の違いです

SPONSORED LINK

 

和ロウソクは日本で昔から作られている方法で
漆(うるし)やハゼの木の実から作られた❝木蝋❞で作られたものなのですが
今は洋ロウソク材に押されてしまい、作っている工場もわずかのようです。

この木蝋で作られたものが本来の和ロウソクなのですが、
洋ロウソク材=キャンドルの材料=石油系のパラフィン
とよばれるものが安くで流通しはじめ
今では主流です。

なので、ご仏壇で使うものを❝ロウソク❞とよんでいますが
実際はキャンドル材で作られたものがほとんどです。
ですので厳密に言えば、和ロウソク型キャンドル
ということですね。

 

 

今やロウソク・キャンドルの材料は石油由来のものが主流

先ほどもお話しましたが

みなさんがケーキの上に立てたり
お墓やご仏壇で使ったり
雑貨屋さんでスイーツや動物の形をしたキャンドルなど

一般的につかわれているものは、ほとんど“パラフィン”という素材でできています。
このパラフィンは 石油由来のワックスです。
他にも、透明感のあるジェルキャンドルも石油由来です。

 

え?ろうそくって石油でできてるの?

 

そうなんです。

なので、燃やす時に黒いすすが出やすいです。
お食事のときに小さなお鍋を温めるのに使っているあのろうそくや

たいていの雑貨屋さんで売っている、香りの強めのキャンドルは石油由来のものです

香りがいいから癒されそう、アロマ効果があるのでは?
と思って石油由来のキャンドルをつかっていると

アロマと一緒に石油ワックスが気化したものも体にとりこんでいることになります

 

人気のキャンドルは強い香料と石油のにおい

わたしもキャンドルを使い始めて
はまっていた時期に買ったのは
グラスに入った大きめのアメリカブランドの
雑貨屋さんでよくみるあのカラフルなキャンドルでした

そう、香りもするんだけど・・ちょっときついめの香料
それに加えて
なんだか焦げ臭いというか、別の匂いもするなーと思っていたんですが、
石油由来のキャンドルだったから、ということがわかりました

石油由来以外のキャンドルがある

では、せっかく楽しむのに石油由来以外のキャンドルはないの?
と思いますよね。

他に、こんな天然由来のワックスをつかったキャンドルがあります。

植物由来

ソイキャンドル―大豆由来のワックスでできています。
ほんのり特有の香りがします
香りを楽しむキャンドルに適しています。
優しいクリーム色です

 

動物由来

蜜蝋(みつろう)キャンドルーはちみつ由来のワックスでできています。
ですので独特の甘い香りがします
はちみつのようなかわいい黄色のキャンドルです。

他にも材料はあるのですが
わたしが個人的におすすめしたいのが、この2種類のものです。

せっかく使うなら天然由来のものがいいと思いませんか?

 

リラックス・気分転換につかうのに
石油のにおいがするのってがっかりしませんか?

そして、この2つの天然由来のキャンドルならば
そんな心配がいらないこともわかりました。

しかし・・

天然由来のキャンドルを実店舗で扱っているお店はすくないですね。

 

クリーマーやミンネで天然由来キャンドルをあつかうお店があります

ハンドメイドマーケットのクリーマーやミンネで検索すれば
すぐにみつけることができます

まとめ

・キャンドルとろうそく、本来の違いは材料
・キャンドルは石油系ワックスから出来ているものが多い
・天然ワックスのキャンドルをつかえばあんしん

お読みいただきありがとうございます!

コメント