キャンドルって使うのはめんどう?何か気をつけることはありますか?

スポンサーリンク
キャンドル

こんにちは!

今回はキャンドルなんて
今まで使ったことがないからよくわからないけど
キャンドルってなにかとめんどう?

こんな風に思っている
ちょっと使ってみたいけれど使ったことがないあなたに!!
ぜひお読みください^^

 

スポンサーリンク

キャンドルできをつけたいこと

 

気をつけることはたったの2つだけ
簡単です。

 

①まわりに燃えるものをおかない。落下物もないように。離れるときは火を消す

②火を消す時に、ふーーーっと吹き消さない!

あ、やりたかったです?
別にぜったいにダメ!いうわけではないですが

なぜかというと

煙やニオイ、すすが出てしまうからです。

 

 

外国ではこんなおしゃれな炎消しがありますよ^^

わたしはモノをたくさん持ちたくないので、いいなーと思ったのですが
買うのはやめました。

炎消しでなくても、蓋つきのビンタイプキャンドルや、ピンセットなど
身近なもので消すこともできます
ソイキャンドルの炎はそんなに熱くないので、本格的な炎消しがなくても大丈夫です

 

 
 
でもこの後が少し大事です。
次にキャンドルを使う時のことを考えて・・・
 
火を消した後に

芯を溶けたロウの中にギュッと入れてから
また芯を起こしていただきたいのです!

これをしておけば、次に着火する時に、着かないことはナイかなと思います。
 
これを忘れてもダイジョウブ!
次に火をつけるとき、芯の根元のロウをすこし溶かしてから着火すれば
芯だけ燃えて使えなくなる!
ということも防げます。
 
芯を起こす
いろいろ見ていると
ピンセットで、とよくかかれていますが、
つまようじでも、安全ピンでも
芯が起きるものなら何でも大丈夫。
あるものでOKです^^

おだやかで優しいとはいえ、火

なので
取り扱いには気をつけましょう。

何かのドラマのワンシーンに
キャンドルに壁に貼ってあったポスターが剥がれ落ちて火事になったシーンがあったとか。
キャンドルのまわりだけでなく、壁も気をつけたほうがいいですね。
特に炎がむき出しのキャンドルは注意してください。

そばを離れるときは消しましょう!

眠る前につけっぱなしで寝てしまうことも危ないので
消すようにしましょう!

 

まとめ

・フーっと消さない
・消した後、芯をロウにひたしたあと芯を起こす
・そばを離れるときは 火を消す

ぜひ、ひとり時間、じぶん時間に
キャンドルをつかってリラックスしてくださいね。

お読みいただきありがとうございます!

コメント