やましたひでこさんの“ウチ、断捨離しました”-60代夫婦の食器棚編ー

すてる・かたづける・ゆるミニマリズム
スポンサーリンク

こんにちは ゆるミニマリストの

あお@kulaslakです。

今回は2017.6.26にBS朝日でO.A.された
“ウチ、断捨離しましたー捨てられない4家族 かたづけ密着ドキュメント”
について書いていきます。

この番組ではじめて、メディアで活動されるやましたひでこさんをみれました!

スポンサーリンク

“断捨離”ってなに?

やましたひでこ流 断捨離のすすめ【Part1】断捨離って何?

番組関連はこちら

BS朝日“ウチ、断捨離しました”

やましたひでこオフィシャルブログ


断捨離が気になっていたひと。
まさに断捨離中のひと。

番組の中の雰囲気を感じながらみていってくださいね^^

SPONSORED LINK

どんなご夫婦?

すでに2人のお子さんが成人されていて
ご夫婦2人での生活。

奥様がピアノを弾き
旦那さんがお歌をうたう、そんなシーンからスタート。

本当に仲良さそうで、楽しそう。

このご夫婦が断捨離をはじめたきっかけ

ご主人の実家が空き家になっていて、
ご兄弟4人でかたづけたらとても大変だった
そうです。

それでご主人は
家の中をすっきりさせて、いつ老人ホームに入ってもいいように。

子供には迷惑をかけたくない
だから
“終活のための断捨離を行おう”と思ったそうです。

ここで奥様からやましたさんに質問が出ました。

Q “もったいない世代”なのでどうやったら処分できる? どういう気持ちになったらかたづけられる?

“もったいない世代”でなくても
日本人ってどこかにみんな“もったいない”っていう気持ちがあります。

ここで、
やましたさんはこんな説明をされていました。

A.“かたづけ=断捨離という言葉に置き換えています”

【断】不要なものを断つ
  ―必要なモノを取り入れるため、不要なものを断つー

【捨】モノが入ってきたら出口がある
  -出口はつまっていませんかー

【離】モノと適切な距離をもってつきあう
  ー必要なモノは入り不要なものはでていく、という流れをつくる。

こんな流れをつくりたい!

この家のつまっているところをまず1か所断捨離!やましたさんと実践

Qお客様が多いので食器の数も多い。 子供たちが使わなくなった食器も食器棚を埋め尽くしている。 どうやって捨てたらいい?使えるものを捨てるのはもったいない!

こちらのおうちでは、食器棚が全部で2つあります。
ふだん用と、いいもの(お客様用)をまとめいれたもの。
ご主人いわく
「いいものをいれてある食器棚の食器はなかなか使う機会がない」

やましたさん
「使いたいでしょ?」

ご主人
「つかいたい」

やましたさん
「使いましょうよ!」

ここで提案されたのが

押し出し作戦!

いいものが入った食器棚を整理
入り切らないもののなかで使うものを、ふだん使い用の食器棚に移動。

②押し出していって、不要な食器は捨てる。
最後には人に見せたくなるような食器棚にする

全部出す!

Q奥さま
「使ったことのない食器ばかり。でもお客様に出すともったいないからやめろって旦那がいう」

これじゃあ、何のためにもってるのかわからない。

やましたさん
「ご主人の意識転換をしなくては!」

使うのがもったいないくらい、
いいものだから(じぶんで)使う!

この “使うのももったいない いい食器達”が
たくさんありました・・・
旦那さんから奥さんにプレゼントした紅茶セット
ご両親から譲り受けた九谷焼の食器など・・

やましたさん
「どれが一番みせたい食器ですか?選んでください」

ご夫婦
「・・・・・・」

やましたさん
「そうでもないものばかりっていわれちゃいますよ?」
(どれが一番大事かもわからないといいうことは、どれもそれほど必要ではないの?ということ)

と、ここで奥様がワイングラスを選び

食器に並べたのですが

並べたとたん
これではNG!とやましたさん

「見せて楽しみましょう(*^^*)」

やましたさん「これくらいで!!」
ゆったりと並べてみせると

ご夫婦が「これじゃあ入らないじゃない!」
と突っ込みましたが、
これが意識改革ですね

やましたさんの収納テクニック
 見える収納はスペースの5割!これが美しい収納です。

このくらいの方がいいものが上等にみえる
のだそうです

ただ使うための収納として食器棚にいれるのではなく
見せる、飾ることで
使いたい!
美しい!など、食器が愛おしくなる気持ちがうまれてきます。

おうちがお店みたい。これって大事ですね!

Q入らなかった食器はどうするの?

押し出し作戦で入らない食器が増えたのですが

つかいたい食器をえらんで並べる作業をするうちに
ご主人の意識が!

ご主人
「これは使わないよね、どうでもいい食器は捨てよう」

と かたづけはじめました。

すごい!!

使えるものはもったいないから捨てられない

という意識から

使わないものは捨てよう

という意識に!!

このシーン、感動しました。

終活とは?

最後に
ご夫婦がテーマとしてあげていた“終活”についての

やましたさんのコメント
これがご主人の心をまた大きくかえたようでした。

子供たちに迷惑をかけたくないから、
断捨離をして終活するのではなく、
生きている間をどう心地よくすごすのか?
自分が死ぬまで生きるために行うのが終活。

これをきいて

使いたい食器をつかって
のこりの人生を楽しもうと気づかれたようです。

これからは

使っているか?を基準にするのではなく
使いたいか?
を基準に選んでいきましょう。

使いやすい、ではなく
使いたくなるように!

そして、いいもの食器棚が
めっちゃ素敵になりました!

みて楽しむ、
取り出しやすくなったから、余計に使いたくなる
ますます愛着がわく
楽しい時間がふえる
また飾るようにしまう

いいことのルーティーンです!

SPONSORED LINK

まとめ

まず
70代を目前に、ご夫婦で食器棚2つ分の食器をかたづけることが

精神的にも体力的にも大変だな、と思いました。

モノの量を考えることってすごく大事でですね。

わたしがおすすめの
モノがすてられない人が真剣にモノと向き合える本はこちら

お読みいただきありがとうございます!

そしてまだまだ続きます!

つづき ーウチ、断捨離しましたはこちらですー
やましたひでこさんの断捨離をBSでみたー60代夫婦 奥様の趣味部屋編ー
やましたひでこさんの断捨離をBSでみた“ウチ、断捨離しました”ーケース②48才専業主婦クローゼットをかたづけたい!
【ウチ、断捨離しました】ケース③断捨離したい奥様・ためこむご主人
【ウチ、断捨離しました】小さなおこさんがいても、お家で仕事をしていてもすっきりなおうち!!


その他おすすめはこちら!
【人生で大事なことは○○から学んだ】平野ノラさんは断捨離で人生を整え,今はミニマリスト!?
風通しがいいおうちになると、いいコトが起こるのは本当?
平野ノラさんの私生活を見て、断捨離スイッチが入ったら?おすすめの方法は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました