やましたひでこさん“ウチ断捨離しました”ケース②48才専業主婦クローゼットをかたづけたい!

スポンサーリンク
ミニマリスト*断捨離

こんにちは

このBSのやましたひでこさんの断捨離・・
すごいです。
人とモノが密接につながっている
人とモノって近い存在だからこそ、
こんなに影響力があるのか、と感じるシーンが
時間を増すごとに増えていった、ディープな内容・・・

 

断捨離ってすごい!

断捨離を考えている、やっているけど進まない、
そんなみなさんがやるぞ!と思えるよう
この回もお伝えしていきます!

 

スポンサーリンク

断捨離:48才専業主婦クローゼットをかたづけたい!

2家族目のお話です。
家族のくらしを支えてきた、旦那さんとお子さん2人と暮らす奥様の断捨離です。

今回は奥様が気になっている❝クローゼット❞の断捨離。

奥様は『すごいです、自分でも何が入っているかわからない』
とおっしゃって・・

IMAG2795-01なんだかわかります。
しまいたいものが出来て
空いているところに
ドンドンと詰めていくとこんな感じになっていきます。
わたしもそうだったので・・・。

 

上から下までものがぎっしりのクローゼット
奥様が引き出しを開けると

IMAG2796-01

あー、わかります・・
つぎとつぎと(また使うかも)(また使えそう)という判断でしまわれたまま出番のない袋たち・・

 

開けた後、すぐに戻されてしまった引き出しの中には・・・

 

IMAG2797-01

使うかもと、しまわれていた革の財布がカビだらけに!
「片づけてあるのに、使えなくしちゃうあるある」ですよね^^;
こういうシーンはせっかく公開していただいているので
戒めとしてしっかり目に焼き付けておきましょう。

このクローゼットのように
つい モノをためこむ
ということは、かたづけが出来ない人なら誰にでもある得ることです。

 

クローゼットがスッキリ片付く方法がある!

SPONSORED LINK

さてここからは、やましたさんがおうちにこられて、
クローゼットを見て

やましたさん
「収めれば片付く、という気持ちはあるよね」

奥様
「もったいなくて捨てられなくて」

やましたさん
「これをみてご自身はどう感じばすか?」

奥様
「すごくイヤだ」

やましたさん
「イヤなんですか?」

奥様
「捨てる気マンマンだけど1人じゃできない」

確かにモノがありすぎて
どこから手をつけたらいいかわかりませんね。

やましたさん提案❝3分割で捨てる❞

IMAG2799-01

こんな風に 上・中・下の3分割にして捨てる
➡スムーズに進みやすい

上を全部だしてきて捨てる
その後、中と下もすべて床の上に出してきて捨てる

やましたさんがどんどんと引き出しごと
クローゼットから抜きだしていき

IMAG2802-01

 

奥様が受け取って、
奥様はどんどん捨てていきます!

 

さがしていた趣味の道具も発見!

どこにしまったかわからずにいた、おこさんの趣味の道具類が!
良かったですね。
そしてこのように、大量にあるグッズの収納はそれぞれに分けることが大事
IMAG2810-768x1034-01

3段の引き出しそれぞれに 1つの役割をもたせています
IMAG2811-768x1034-01

1番上は一番よく使うもの(道具)
その下は材料。

ーーーーーーー

家事動線の考え方として、
引き出し一番上が一番よくつかうもの
というのがありますね。
ただし、この写真のように、腰より下の家事動線、だからです

これがもし、クローゼットの中段にこの引き出しを使うならば、
道具が一番下にくるようにすると腰より上での作業のため
取り出しやすくなると思います^^

ーーーーーーー

かたづけられず、
捨てられず、
自信を失っていた奥様。
今回は本当に必要なモノだけをセレクトして

IMAG2804-01

ゴミ袋30こ分、クローゼットの7割を減らすことに成功!

素晴らしいです!

 

 

やましたさん提案 テクニック7:5:1の法則

この7:5:1の法則とはなにか?
IMAG2808-01

押し入れやクローゼットのように
見えないところの収納はモノを7割に。

食器棚や、オープンな靴箱のように
見えるところの収納はモノを5割に。

タンスなどの上のスペースを使いたい場合はモノを1割に。

 

なぜ物を満タンにいれてはいけないの?

これは
やましたひでこさんの断捨離をBSでみた。“ウチ、断捨離しました”-60代夫婦食器棚編ー
こちらのはじめでもお伝えしました。ブログの目次4つ目です。
番組内のわかりやすい図をみてみてください。

やましたひでこさんの考える断捨離。

モノには入口と出口がある。
断=不要なもの断つ
捨=モノが入ってきたら捨てる
離=モノと適切な距離をもってつきあう

この 捨 =モノが入ってきたら捨てる
をしていないと、
モノが詰まって流れがストップしてしまう
という事態に。

なので、収納をする場所に対して
モノを何割いれるのか

これを決めておきます、というか、決まっています!
IMAG2807-01こんな風に先に収納グッズを全部配置してしまうのだそうです

この収納も7割はしまうもの、後のあいたスペースは
モノの通り道
そんな風に話してらっしゃいました
こうしてしまえば全体の様子を見ながら、手元に残したものを片付けるだけです!

IMAG2809-768x1034-01

ファイルケースの中、余裕がありすぎる!これがいいんですね
さがしやすい
出しやすい
しまいやすい

そして、まだ増えても大丈夫!

モノの通り道がない収納から
IMAG2812-768x1034-01

モノの通り道がある収納へ!
モノを収納する場所が決まっているので、これからは、以前のようにものが詰め込まれることもありません

IMAG2813-768x1034-01

 

完成!
これをみながらやましたさんは
最初に奥様が“ものが多すぎて自分1人ではできない”とおっしゃっていたのもあり
自分でやるときは、まずは収納グッズだけが置かれてあったシーンをイメージして
IMAG2807-01
そのあとは毎日5分と決めて、この部分、つぎこの部分とやっていく

とアドバイスされていました

作業をおえて奥様は・・

 -やっただけ出来た!
       やってみたら出来て自身になった。息苦しさがかるくなって第一歩が踏み出せましたー

と笑顔でおっしゃっていました^^

 

まとめ

2家族目の奥様のクローゼット断捨離はいかがでしたか?

収納って
あればあるだけ使ってもいい、使わなきゃなんて
どんどん押し込んでいたことが私もあったのですが
そうではなく7割の収納にとどめておくことが大事なんだということ。

そのためには、ものが入ってくる前、入ってきてからその場その場で
判断していくことが大事だということなんですね。
そして、収納場所を仕切ってしまうことも重要ポイントですね!

今回もとても勉強になりました!

お読みいただきありがとうございます!

 

こちらもあわせてどうぞ!
やましたひでこさんの断捨離をBSでみた。“ウチ、断捨離しました”-60代夫婦食器棚編ー
やましたひでこさんの断捨離をBSでみたー60代夫婦 奥様の趣味部屋編ー
断捨離の方法を間違って覚えていない?ーやましたひでこさん公式HPで知るー

コメント