【ミニマムな暮らし】15年愛用のFAX電話を捨てる。

ミニマリスト*断捨離
スポンサーリンク

結婚した時に買った固定電話、

 

楽天ポイントで固定電話に換え、

とりつけ完了しました。

 

結婚したときに買ったのですてにくかった

これまで使っていた固定電話は結婚した時に買ったもので、
思い出がつまった電話でした。

 

結婚してひととおり必要なモノを買いそろえなくては、
と買ったものです。

 

蛍光色のような明るいグリーンで、
音が鳴るとダイヤルがピカピカ光りお知らせしてくれる
かわいいヤツでした。

 

“ミニマムなくらし”を考えだしたときに

この電話、FAXもハンディコピーも使わない。

 

でも大きさで例えるならば 百科事典くらいの大きさ。

場所をとるし、子供たちも使いにくい。

 

次は携帯電話のようなシンプルで、
場所もとらない、使いやすい固定電話に換えたい。

そう思ったのは1年くらい前かもしれません。

 

 

この具体的なイメージがあったので

今回に つながったんだ、ということを

このブログを今書きながら・・・確認しました。

 

 

やっぱり具体的にイメージすることってすごく大事なんですね。

 

いままでのわたしの固定観念は

壊れるまで使うことがモノを大切にすること

壊れるまで使いつづけ、

壊れてから、買いなおして、となっていたに違いありません。

でもミニマムにくらすには不要です。

 

新しい電話が届く手前から、電話の調子は悪くなるばかり。

大きいから使う場所が決まってしまい、
子供達が使いにくいものを使い続けるメリットはない。

もう十分役割を果たしてくれました。

手放せる、とわかりました。

 

 

主に固定電話にでるのは、
私がとることが多かったので、
キッチンに電話をおいていました。

 

しかし、子供たちも大きくなり、
子供が電話をとってくれることのほうが多くなったので、
この機会にキッチンからリビングに、電話を移動させました。

 

電話といっしょにモデムもキッチンにありましたが、

これも家の中心に移動させたので、
どの部屋からも電波がよくなったようです。

 

移動させるのに、
回線が もじゃもじゃとややこしかったですが、

生活にあわせて配置替えができたことも
今回買い替えてよかったなと思いました。

 

置き場所も見直した

SPONSORED LINK



小さなことですが、

  • 固定電話を理想のサイズに換えることができた(色は以前と同じものにしました)
  • 子供たちの使いやすい場所に置くことになった

そしてこれは思ったことが現実に叶った

 

ということ・・。

やっぱり具体的に思い描けば叶うという確信になったのと同時に

しっかりと思い描けてない事柄は叶わない

という裏付けができたということ。(少し話がそれましたが)

 

まとめ

夢を現実にするために思い描けていないことがある・・

これは はやいウチにやってしまわなきゃ、現実にならないぞ、

ということで

ミニマムな暮らしに近づきました。

 

 

読んでいただきありがとうございます!