これがガラクタぜんぶで4つ!短時間でもクリアできる場所は?

すてる・かたづける・ゆるミニマリズム
スポンサーリンク

こんにちは、あおです

前回
こども達の部屋を軽く片づけた時に
すごく疲れた話をUPしました

ガラクタをもっていると
わたしのように家にいるのにくつろげない
なぜか無気力な気持ちになってしまうんですね

これってとても残念なことだと思いませんか?

こども達はガラクタをガラクタと認識してないので
たまってしまっています
これでもだいぶ減ってはいますが、まだまだ。

ガラクタをためこんでいる人はきっとそうです
わたしもそうでした。


断捨離やこんまりメソッドとあわせて
ガラクタについて知っておくと
さらにモノへの向き合い方が決められ
いる・いらないの判断がスピードUPできます

ガラクタを知ってすっきりしていきましょう^^

スポンサーリンク

これがガラクタ!4つ覚えて置こう

・使わないモノ・好きじゃないモノ
・整理されず、乱雑なモノ
・狭いスペースにムリやり押し込まれているモノ
・未完成のモノ

もうこれを聞いただけで
あそことか、そことか・・・
って思い当たるところがあれば
すぐにでも とりかかれますね。

どこから手をつけていいかがわからない

断捨離やこんまりメソッドでは
まずじぶんの洋服からとりかかるのをおすすめしています。

ですがどちらもやり方の準備が同じです
すべての自分の服を1か所に集めてきて
そこから判断します

ここがスタートですが
ここまでたどり着かない!
じっくりできないけど少しでもやってみたい!など
超スモールステップでやるとコツがつかめると思います

この中でも手っ取り早くやってしまえるおすすめ場所が

狭いスペースにムリやり押し込まれているモノ

です。

■例:文房具の入った3段ケースのばあい

たとえば文房具をいれる引き出しが3段あるとします
ここから迷わずとりだせるのがいい状態。

いろんなもの、つっこまれていませんか?

それなら
1段だけでいいので
やってみよう

洋服を集めてきて選ぶよりも
早くとりかかって片付けも終われます。

そしてそれを経験する
その時にこんなことが頭をよぎるかもしれません
     

また使うかもしれない

➡これがモノをガラクタ化してしまう原因です
また、がないから今のようにたまってしまったわけです

じゃあ、もし使うときがきたらどうする?
➡買えばいいだけです
そしてその時はきっと慎重にセレクトできるようになります
その経験はぜったいムダにはなりません!

たとえば、はさみが引き出しに4本はいっています
子供がちいさくて工作するなら、こどもの人数はいるでしょう
なんなら交替で使えるように1本でもいいです。
でも夫婦の分なんていらないですよね?

夫婦2人のおうちに、はさみが3本ありませんか?
そんな時は1本にできますね^^

たとえばボールペンが引き出しに10本も入っていませんか?
こんなに入っていたとしたら、いつまでたっても消耗できません
それどころか使わないモノはずっと使われないままです

せっかく使われるために生まれてきたのに
使われずに溜め込まれているだけなら
モノも悲しむと思いませんか?
それなら使わないモノは捨てましょう。
中途半端はよくないです。

使う分だけ・気にいってるものだけストックします
1本だけにしぼってください!

ぜったいにそれしかないので
愛着をもって使えるし,なくしてはその後が困るので
きちんと引き出しにかたづけるようになれます

それが使いにくければ
また増やせばいい。

これが本当のモノとのなかよしな関係です

p>

まとめ

ガラクタの定義、つかめましたか?

・使わないモノ・好きじゃないモノ
・整理されず、乱雑なモノ
・狭いスペースにムリやり押し込まれているモノ
・未完成のモノ

ガラクタのことがもっと知りたい人におススメの本はこちらです

お読みいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました