石井国土交通大臣は、この春の引っ越しシーズンは、
深刻な人手不足のため希望する日程で引っ越しできない人が出るおそれがあるとして、
計画的にドライバーや車両を確保するよう業者に働きかけていく考えを示しました。

国土交通省によりますと、
3月と4月は企業の人事異動や就職などで引っ越しの依頼が集中し、
特に3月は通常のおよそ2.5倍の件数に上るということです。

これについて、石井国土交通大臣は、
閣議後の記者会見で「人員と車両の確保の面からピーク時の対応が難しくなっている」と述べ、
ことしは深刻な人手不足のため希望する日程で引っ越しできない人が出るおそれがあると指摘しました。

そのうえで石井大臣は
「引っ越し業者に対して計画的にドライバーや車両の確保に努めるよう働きかけたい」と述べました。

引っ越し業界では、
「全日本トラック協会」が引っ越しする時期を分散するよう街頭などで広く呼びかけているほか、
一部の業者では、取引先の企業に春の人事異動の時期をずらすよう依頼するなど対策を進めています。