【ミニマリスト】もらった洋服をすてるかどうか?迷った時に見てください

すてる・かたづける・ゆるミニマリズム
スポンサーリンク


プレゼントでもらった洋服って
すてようかどうか、悩みますよね。


めんどくさがりで、すてられなかったわたしですが、
※かたづけ祭り をしてから
あまり洋服はもっていません。というか増えません。
(※かたづけ祭り=おうちにあるものとむきあって 本当にときめくものだけを残した状態)

それでもプレゼントで洋服が増えることがあります。
前なら着なくてもずーっとタンスにはいってたけど
いまは“かたづけ=いるかいらないか”判断できる
ようになりました。こんまりメソッドのおかげです^^

ということで、わたしが洋服のプレゼントをすてたのを例にして
どんな風にすればいいか、みていきます。


スポンサーリンク

まずは気持ちを確認 悩んでる=ほぼいらない

もう、このページにきている時点で=いらない と思っているので
悩んでても使わないことは、まちがいないです^^

使っていたら悩んでないはずです。
というじぶんの気持ちを まずははっきりとさせておきます

プレゼントの洋服を捨てるかどうか迷ったらこの方法で解決

実用的なプレゼントって
状態がキレイなときは
なやみの種になりやすいと思います
わたしみたいに
現状あまりきていなくても
プレゼントだから
なやんでしまうんですよねー・・・


すてようかどうしようか?
迷った時はこんな風に書きだしてみます

例)わたしのプレゼントの洋服のばあい


最近はあまり走らないけど たまに走るときや、こどもの運動会で着ます。
この時、ジョギング用上着は2着。1着でいいんじゃないか?と悩んでいる


で、そのもらった洋服は最近きているかどうか?をあらためて見直します
めんどうかもしれないけど、この洋服が自分のなかで実際どのポジションにいるか
チェックするんですね。=①の現状把握です


①事実=今年はほとんど着なかった

・1着は 古着屋で1000円くらいで買ったナイキの黒ジャージ。
両脇のポケットはファスナー式になっていて、大活躍。

・もう1着の上着は家族からのプレゼント。

現状としては、ナイキの方が実用的なので良く着ていて
プレゼントのほうは、あまり着ない



と、上着どうし、ボトムどうし、下着どうしで
実際どれくらい使っているか?同じものの中でどのポジションにいるのか
、きちんと見直します



②思考
=次の冬はまた走るかもしれない


③すてるかどうか?
・ナイキ=ナイキだし、両脇のポケットが便利だからふだん着るかも
・家族からのプレゼント=プレゼントだからすてにくい


④結論=
それでも“今年着なかったのだから
もう来年も着ないだろう”だからすてたい!


こんなかんじで順番に
この“迷っているモノ”をよくみつめると
答えがみえてきます^^


このモノとむきあう作業をめんどうでもやることで
この先 モノとのつきあい方はばっさりかわります!




モノとむきあう順番
①事実・・いまつかってる?
②思考・・このモノについて、どんな気持ちがある?
     ・すてたいけどもったいない
     ・プレゼントだから悪い
     ・また着るかも   など
③すてるかどうか?・・だからわたしはどうしたいのか?気持ちを掘り進める
④結論 ①~③を見た時 なにに執着しているのか?わかったうえで
 本当にまた着るのかどうか=今どうしたいのか!で判断します


プレゼントだからすてられない

・・・って思いますよね。

でも着ない=なにかしら気に入らないところがあるから着ない
わけです。

いま=着ていない

プレゼントは、気持ちが形にかわったもの
渡した方も、渡された方も、その時にプレゼントはプレゼントの役割をはたせてます^^


だから、もらったのに悪い、と思わなくていいんです。
へんな罪悪感をかんじなくていいんです^^
ありがとう、と感謝しながらすてます

着ないものをいつまでもすてられないと
モノもかわいそうです。

モノはモノの役目をはたすためにあるのに
洋服を着ない=役目を果たせていない
ことになるんです

そういうものがたくさんあると
貧乏神に好かれてしまいます

なのですてることで役目をおわらせてあげましょう




すてることに不安をかんじた時

SPONSORED LINK


プレゼントでもすてていい
と、気持ちに片がついたのに

すてる結論になったとき
やっぱり不安をかんじたら
さらにモノとむきあいます

たとえばこのジャージのばあい
・あまり走らないのだから、洗いがえも必要なく 困ることはない
・この先時間に余裕ができて、昔みたいにそれなりにストイックに走るようになったらまた購入すればいい
・かぞくにプレゼントどうしたの?ってきかれたら
何回か着たけどあまり着なくなったから感謝してすてたよ、ありがとう、という

というこたえがでてきました。


この結論をだすことで
すてることへの不安はなくなります^^


まとめ

こんなふうに“本気でモノとむきあって、かたをつければ”
プレゼントをすてるときも
すてたあとも後悔も罪悪感も感じません


プレゼントだからすてられない!というときの参考になれば幸いです

お読みいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました