もらった洋服がすてにくい?迷った時に見てください

こんまりさん
スポンサーリンク


プレゼントでもらった洋服って
あまり着なかったり
好みが違ってても
すてるかどうか、悩みますよね

私は以前大量の洋服にも囲まれてくらしていましたが
いまではお気に入りを最小限でしかもっていないです

それでもプレゼントやまわりからもらったりして
洋服が増えることがあります


かたづけ祭りをする前なら、着なくてもとりあえずずーっとタンスに入れていたでしょう
でも今ならタンスに入れる前に判断します
こんまりメソッドのおかげです^^

ということで、もらった洋服を
どんな風に決めればいいか、みていきます。


スポンサーリンク

“悩んでる=ほぼいらない”

このページにきている時点で =いらない と思っているので
悩んでてもきっとこの先も使わないでしょう



こんな感じで
じぶんの気持ちを まずははっきりとさせておきます

迷ったらこの方法で解決

実用的なプレゼントって

状態がキレイなだけですてるかどうか
悩みのタネになりやすい


今あまりきていなくても
プレゼントだから
なやんでしまうんですよねー・・・


すてようかどうしようか?
迷った時はこんな風に書きだしてみましょう

例)プレゼントの洋服のばあい

以前にスポーツ用のシャツをプレゼントしてもらったとします
いま2枚もっています
プレゼントの方は
いつもは買わないような派手めな色であまり気にいってません


とこのような時
そのもらった洋服は最近きているかどうか?
を見直します
めんどうかもしれないけど、
この洋服が自分のなかで実際どのポジションにいるか
チェックしましょう


①事実=今年はほとんど着なかった

現状、
プレゼントのほうは、あまり着ない
こと確認をします



②思考
=次の冬はまた走るかもしれない


③すてるかどうか?手持ちを比べてみる

・ブランドもの=ブランドだし、両脇のポケットが便利だからふだん着るかも
・家族からのプレゼント=プレゼントだからすてにくい 、ポケットはない


④結論=
プレゼントの方は

“今年着なかったのだから
もう来年も着ないだろう”だからすてよう!


こんなかんじで順番に
この“迷っているモノ”をよーくみつめると
答えがみえてきます^^


このモノとむきあう作業をめんどうでもやること
この先 モノとのつきあい方はばっさりかわります!




おさらい:モノとむきあう順番
①事実・・いまつかってる?
②思考・・このモノについて、どんな気持ちがある?
     ・すてたいけどもったいない
     ・プレゼントだから悪い
     ・また着るかも   など
③すてるかどうか?・・だからわたしはどうしたいのか?気持ちを掘り進める
④結論 ①~③を見た時 なにに執着しているのか?わかったうえで
 本当にまた着るのかどうか=今どうしたいのか!で判断します



着ないプレゼントだからすてられないのはどうしてか?

・・・って思いますよね。

あまり着ない=なにかしら気に入らないところがあるから着ない
わけです。
プレゼントは、気持ちが形にかわったもの。渡した方も、渡された方も、その時にプレゼントはプレゼントの役割をはたせているのです

それに モノはモノとして使われるためにうまれてきました
それをタンスのこやしにしてしまっているなら
モノはモノとしてのお役目を果たせていないのです
かといって放置しておくのはいけません
しっかりと自分の手でサヨナラする=すてることで
モノも役目をおえることができます





だから、もらったのに捨てるのは悪い、と思わなくていいんです。
へんな罪悪感をかんじなくていいんですよ^^

そういう使わないものがたくさんあると
貧乏神に好かれてしまいますから気をつけましょう



すてることに不安をかんじた時

SPONSORED LINK

プレゼントでもすてていい
と、気持ちに片がついたのに

すてる結論になったとき
やっぱり不安をかんじたら
さらにモノとむきあいます



たとえばこのスポーツ着のばあい
・あまり走らないのだから、洗いがえも必要なく 困ることはない
・この先時間に余裕ができて、昔みたいにそれなりにストイックに走るようになったらまた購入すればいい
・かぞくにプレゼントどうしたの?ってきかれたら
何回か着たけどあまり着なくなったから感謝してすてたよ、ありがとう、という

という風になぜ不安なのかをさらにほりさげます


この結論をだすことで
すてることへの不安はなくなります^^


まとめ

“本気でモノとむきあって、かたをつければ”
プレゼントをすてるときも
すてたあとも後悔も罪悪感も感じません


プレゼントだからすてられない!というときの参考になれば幸いです
お読みいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました