カギ、すてました

すてる・かたづける・ゆるミニマリズム
スポンサーリンク

こんにちは、あお@kulaslakです

ずっとずっと
知ってたけど知らんぷりしてきた鍵。

やっとかたをつけました。

スポンサーリンク

ひっこしの前からひとまとめにしたまま放置

かぎ


箱の中に、鍵と、鍵以外に・・・
自転車の虫ピン
ダボ
なんかも混ざって、さわりたくない状況をかもしだしてました。

って、わたしがここにポイポイっといれていったわけなんで。


こうやってひろげてみて、
よし、がんばって向き合うぞってことで


1つずつ、なにのカギか?を思い出す。
ちっさい部品は考えなくても

すてる基準

いままでこの箱にいれてから、ずっと出番がなかったってことは
この先も出番はないだろう

こうやって考えると
この先、いる可能性はすくないし
あのカギどこいった?ってこともないでしょう。

なので
すてます。

いるのはこれだけ。
原付のカギ。

あとは、前のひっこしで捨ててきたこどもの自転車のカギ。
前の原付のスペアキー。
よくわからないけどずっとおいてあるカギ。
ってことでかたがつきました。

スペアキー同士で保管

もやもやしていたカギBOXやっとすっきりかたづきました。
カギはカギ同士でまとめておくことにしました。

まとめ:カギはためこむと、捨てる時にめんどう


そもそもカギを保管する時に、ラベリングしてなくて、
なにのカギかわからず、もやもやしてしまって、
かたづけるまでも手をつけるのがめんどうになってしまいました。

ラベリングしてから保管していたら
かたづけよう、と思った時
用途がわかっていれば、すてられるけど
これでは、このカギはどこのカギか、というところからかたづけが始まるので
めんどくさいことになってしまいます。

ということで
スペアキーを保管するときはラベリングがおすすめです

お読みいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました