【収納】こんまりメソッドTVでみました。まとめます。たたみ方写真UP

こんまり流
スポンサーリンク


バラエティー番組をみていたら
日本に2人しかいないこんまりさんのお弟子さんが
ゆきぽよさんのお部屋で、かたづけを伝授してました。(超門クイズという番組でした)


こんまりメソッドをお弟子さんが伝授!
こんまりさんのお弟子さんが日本に2人しかいないなんて
ちょっとびっくり。



見ながらまた勉強になりました
いまからかたづけたい人はもちろんですが、
かたづけ祭りが終わった人もよんでみてくださいね^^



スポンサーリンク

なぜ片づけるのか?

なぜ片づけるのか?まず目的意識をもつと
片づけやすくなり、リバウンドもしづらくなる

それには、どんなくらしをしたいか?
イメージします


Photo by Aleksi Tappura on Unsplash


順番にかたづける(手当たり次第かたづけない)

モノ別にかたづけます

おおきく4つにわけると
1.衣類
2.本類(書類)
3.小物
4.思い出の品

この順番でいきましょう!

ワケ
1.衣類は選別しやすい。
かさばるものなので、できれば達成感がわき、次につながる
4.思い出(写真や手紙、プレゼントなど)昔をなつかしんで時間がかかりやすいので最後がいい

かたづけは衣類からはじめよう

ということで
しっかりかたづけたい人はまず衣類からはじめます
ここでは衣類のかたづけ方と収納方法を紹介していたのでUPします。

1か所に全部まとめる

もっている衣類をすべて山積みにします

これをすることで
・二度とこんな状態になりたくない、と精神的にうえつけます

選び方
 すてるモノではなく 残すモノをえらぶ

ワケ すてるモノを選んでいくと、まだすてられる!と思い
   心が満たされなくなくなる

えらび方のポイント
さわったときに ときめくか?
ときめく=ポジティブな影響をあたえてくれるものを残す

えらぶ時にNGなこと
×音楽をききながら

ワケ
かたづけはモノとむきあう作業。静かなところでするのがおススメ
早朝もおすすめ(朝は思考がおだやか)

どれもときめく!
というときには、山積みの服の中からいちばんときめく洋服を選んで
その服とくらべて ときめくかどうか で選ぶといい


※番組のなかでは言ってませんでしたが
ゆきぽよさんはすてるときに、ありがとう といってすてていました。
この ありがとう といってすてるのもポイントです。


では、衣類がへったら次は収納術です




魔法のこんまり流収納術!

ごちゃつかない収納のポイントは 立てて収納すること

ということで
こんまりさんは お洋服が自立するたたみ方を本の中でも紹介してます。
今回番組のなかでも紹介されてました。

お洋服が自立するたたみ方の順番をいていきましょう^^

まずは、平らなところにお洋服をひろげましょう



次に腕のところです。片脇ずつたたんでいきます


こんなかんじで、手のひらを使って腕の付け根のところをおりかえします。
真ん中にむかっておった脇の部分とまっすぐになるようにおりかえします
そして手前の点線で、また真ん中にむかって腕部分をおりかえします
下の写真のようになればOKです




同じように折るのですが、できあがりが長方形になるように意識して折ってください。
長方形はいちばん下のできあがりを見てください^^


両腕とも折れたら、つぎは半分におるのですが、完全に半分ではなく、首元から緑の線くらいまでゆとりをもたせて折ってください。


折りました

完成です


こんな風に自立します


きれいですねー



と、こんな風にたたんだら、ひきだしにたてて収納すると
収納スペースがぐんと減ります

厚手の長ズボンやワンピース、くつ下もおなじようにたたんでたてて収納できます。

まとめ

ということで
こんまりメソッドの流れを紹介しました^^

もっとくわしく知りたい人にはこちらの本も読んでみてください

人生がときめく片づけの魔法 改訂版posted with ヨメレバ近藤 麻理恵 河出書房新社 2019年02月15日 楽天ブックスAmazon7net図書館

お読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました