週末に1週間の献立と先手仕事、つくりおきで自分時間をつくる

時短
スポンサーリンク

なにかと毎日やることが多い。
そんな時にちょっとまとまった時間があれば息抜きできるのに。
そんなときにおススメなのが
買い物のとの先手仕事と献立づくりです
週末のまとまった時間で計画してやってみると
平日の忙しい時間に自分時間をもつこともできます^^

参考にした本はこちらです
下に例に1週間の献立をつくってみて
どんな風に動くかを考えます

例)今週の献立 月曜ー金曜

月曜 ぶりの自家製焼肉だれやき レンコンチーズ ピーマン甘辛煮

火曜 粉豆腐いりハンバーグ かぼちゃときゅうりのサラダ かきたま汁

水曜 からあげ 赤玉ねぎときゅうりのサラダ

木曜 ラタトゥイユ 豚肉と青梗菜のオイスター炒め 中華スープ

金曜 れんこんと とり甘辛炒め なすのお味噌汁



週末に先手仕事とつくりおき

SPONSORED LINK


下準備=先手仕事ではこんなふうに動く

・ぶり・・・・・水洗いしてキッチンペーパーで水分をふきとり、酒をまぶす。

・赤玉ねぎ・。。スライスを水にさらす。甘酢につけおき冷蔵室へ

・ピーマン・・・あらってへたをとり、半分に切りおき、野菜室へ→保存容器にいれる。

・かぼちゃ・・・ブロックにきりわけ、レンジで熱をとおし、マッシュして冷凍保存

・きゅうり・・・スライス、塩をふりかけ、冷蔵保存(2回分にわける)

れんこん・・・酢水にさらし、冷凍保存

・にんじん・・・千切りにして冷蔵保存

・ハンバーグは成型しておく。クッキングシートで上下をはさんでから ラップで1個ずつ包む。

・スムージーにつかう葉物野菜と果物はカットして冷凍

・葉物野菜のこりは新聞紙とビニール袋に巻いて戻す。

全ての食材を献立用に準備が出来ていなくても
週半ば分くらいまでやっておくと
時間づくりになります

まとめ

献立だけ立ててあっても早く終わりますが、

週末の献立、先手仕事、つくりおきが
平日の食事づくりの家事をラクにしてくれる

週末仕事は、平日があわてなくてもいいように、自分のための時間貯金になる

といいことばかりです。

・献立で、無駄な食材がなくなる→庫内そうじがしやすくなる・食費の無駄も減る

・先手仕事とつくりおき→時間・気持ちにおおきなゆとり 時間貯金になる

自分の時間を確実につくりだすのは 自分しかありません!

読んでいただきありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました