くらしの主役が“モノ”になってませんか?

ゆるミニマリズム
スポンサーリンク

あおです

家事がめんどう
そうじができない

そんなくらしはもうやめたい!
とむきあって、いまはゆるミニマリズムを基本にくらすようになり、
最近では流れでココロとカラダの関係を体験しました↓

レイキアチューメント1stでわかったのは心と体のつながり
レイキ伝授で数年つづいていたのどのつまりがなくなったことで、心と体のつながりを深くわかることができたゆるミニマリストの話

スポンサーリンク

モノが主役だった

家事がめんどうで、そうじもやらないくらしをしてきたのだけれど
思い返せば、その頃のくらしの主役は“モノ”だった!

モノが中心のくらしだったんです
たとえば❝そうじ❞

ゆるミニマリストになる前

・まず散らかった床のモノをかたづける
・床の上の敷物や家具をどける
掃除機をだしてきてコンセントをつなぐ
コンセント移動させながらそうじしていく
ゆるミニマリストになってから

・床の上の家具をどける
掃除機の場所からコードレス掃除機ですぐ掃除開始

 散かっているモノがなくなり、すぐ掃除にかかれるようになった
 掃除機もしまわず壁にかけてあるので、すぐそうじができるなど・・・

モノをへらして、そうじをしやすいようにそうじ機をバージョンUPする
これでわたしは快適なくらしが続いてます

かたづけるものがなく、
そうじの時にのけなければならない家具がなく、
すると
すぐそうじがはじめられる

こんな風にミニマムにしていったわけですが
いま振り返ると

モノに使われるくらし❞から
“モノを便利に使う快適なくらし” にシフトした


ということです


モノに振り回されるくらしをしていた
ということ

モノって人が快適で便利にくらすために作りだしているのに
そのモノにわたしは支配されてきてたんだーーー!
ということにきづいたのデス・・・。

まとめ



自分が快適にくらせるくらいの
モノの量でないと
人のくらしはモノ中心=モノが主役になってしまうということ

一度きりの人生
モノに振り回されるくらしはそろそろおわらせて
自分が主役の人生を楽しみましょ( *´艸`)

お読みいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました