【ミニマリスト・断捨離】“平野ノラさん”の人生が変わるきっかけ“カレンキングストンさんの本”はよむべき。

スポンサーリンク
本・本・本

こんにちは、あおです
【人生で大事なことは○○から学んだ】平野ノラさんは断捨離で人生を整え,今はミニマリスト!?

平野ノラさんは断捨離ブームが来る前に
この本に出逢っていたそうです

これがキッカケで今のノラさんがある
そんな1冊です

※人生で大切なことは○○から選んだ、という番組をもとに
かいていきます

 

スポンサーリンク

番組で見た、平野ノラさんがミニマリストになるきっかけになった本

この記事のいちばん上の写真

現行版“新ガラクタ捨てれば自分が見える”
1998年の初版を元にした改定版が
2008年に出ています


更にここに現在必要なことも書きくわえられた2013年改訂版で
重版ではありません

 

平野ノラさんが読まれたのは
1998年の初版の内容のようです

 

 

断捨離がブームになる前のこの本が転機だった

SPONSORED LINK

平野ノラさんは
断捨離がブームになる以前に本屋さんで

“ガラクタ捨てれば自分が見える”というこの本に出逢ったそうです

 

著者のカレン・キングストンさんは
風水スペース・クリアリングという
建物のエネルギーを浄化する方法の先駆者です。

 

なんだか最近もやもやしてる、とか
いまひとつだなー、と気が付いたら

おうちにあるガラクタだったり
その土地や建物が持つエネルギーが私たちに影響している

という考えのようです

 

 

このスペース・クリアリングについての本が、

“ガラクタ捨てれば未来が開ける”
なのですが
この本がでたあとに
今紹介している本が出版されました

スペースクリアリング?

スペースクリアリングについては
こんなツイートがありました

“断捨離”とは少しちがうけれどにている感じでしょうか?

おかたづけのその先、というかんじですかね

 

 

ガラクタを“なぜすてなければいけない”のか?

もう自分の今の生活スタイルに満足できている!
という人以外は

この本を読むと
『ガラクタってこんなにあるの?ガラクタってこんなに影響するの?』
と、ゴミ袋片手に部屋中の収納スペースを開けて
ガンガンとゴミ袋に突っ込んでいきたくなるかもしれません

 

まだ捨てきれなくて置いてあるものも
『いらない』
と思えるほどのパワーがもらえます

著者のカレン・キングストンさんによって
ガラクタをおいていると
具体的にどんな風に影響があるか、ということが
あらゆる角度から書かれているからです

 

今までガラクタだと思っていなかったものが
これってガラクタだったのか!と思う人もいると思います
本のほとんどが
それについて書かれています

 

そして、この本は風水整理術入門
となっていますが、
風水のことはほとんどかかれていません
(といっても一般的な日本の風水のイメージと比較しているだけです^^;)

 


この方角にあれをおきましょう、とか色はこれを、みたいなことですね

風水にそってガラクタを捨てることが長々とかかれたような
そんな本でもありません

 

風水も、
収納も、
スペース・クリアリングも

まずはガラクタがないスッキリした状態でないと はじめられない。
ガラクタがあれば、風水もスペース・クリアリングの効果もうまれない

ということなんだそうです

 

だから、しっかりとガラクタを理解して
ガラクタを手放すことができます

でもここで気をつけて欲しいことがあります

SPONSORED LINK

 

本の内容は一度きちんと消化したい

 

こんなにも具体的に、詳しくかかれていると
どれもこれもガラクタなんじゃないの?
と思ってしまい、あれもこれも捨てちゃう
というのは、やめたほうがいいです

 

でもそれくらいしないと片付けられない、
という声も聞こえてきそう

 

どの本でも誰の話でもそうですが
一旦読んだり聞いたことは
自分の中で消化して、行動に移すべきだと思います

 

全く同じようにしなくてはいけない、
と思ってしまわないように!

 

 

ものと心はつながっている

本を読んでいてこの文章が
私には いちいちひっかかってきました。

欲しい、と思って買うときから
そのものと私の心はつながっているという感覚。

だから大事にできる。

大事にしようと思う。

でも執着しすぎると捨てれなくなったり
どうしてもこれをもたないと落ち着かない
と依存的になったりもする。

 

すてドキをきめる

こんな風に考えたことはなかったですが
“ものと心はつながっている”
ということがわかると

買うときに“自分なりのすてドキ”を考えておくと
いつまでも手放せない、
というところまでいかずに済むと思います

 

“ものを買うときに
ものを手放すときのことを考える習慣”
ものを捨てることがめんどうになるといやなので
考えて買います

 

でも、ものと心はつながっている、という感じ方を
忘れず、大切にお付き合いしていけたらいいなと思います

 

ミニマリストさんのブログを読んでいると
そういう心が感じ取れます

やっぱりミニマリストさんっていいな、と思う瞬間だったりもします

SPONSORED LINK

 

まとめ

ガラクタの定義本
ガラクタの影響を詳しく知ることのできる本です。

番組では断捨離をしてきた、といっていましたが
平野ノラさんは断捨離がブームになる以前に
この本にであい、不要なものをすてていたので
結果的に断捨離なのかもしれませんが
断捨離、という言葉を使うとすこし違うんじゃないかな、と思いました。

 

視聴者に分かりやすくするためかもしれませんが
逆にわたしは混乱ぎみになりました(笑)

 

本当のところは

番組中に“断捨離”という言葉を使われていたけれど
この本が平野ノラさんの人生を変える転機となった、
ということだと思います。

 

あわせてどうぞ!
■【人生で大事なことは○○から学んだ】平野ノラさんは断捨離で人生を整え,今はミニマリスト!?
■平野ノラさんの私生活を見て、断捨離スイッチが入ったら?おすすめの方法は?
■終活ってなに?中尾彬夫婦の終まい方で知ろう【結婚したら人生激変!○○の妻たち】
■【家、ついて行ってイイですか?】単身リーマンのゴミ屋敷から思う。

コメント