風通しがいいおうちになると、いいコトが起こった。

ミニマリスト*断捨離
スポンサーリンク

こんにちは、くらしをたのしもう!あおです。

  家庭学習教材ポピーの監修もつとめ
   諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授への取材によると、
   “人間の脳にはワーキングメモリがあり、
  散らかった部屋では目に入ってくる情報が多くワーキングメモリの容量を取られてしまい、
   発想力が低下する。

整頓された部屋では、余計な刺激が入らないために、発想力が上がる可能性が高い”という科学的な裏付けもある。

    【人生で大事なことは○○から学んだ】平野ノラさんは断捨離で人生を整え,今はミニマリスト!?

 

 

モノが少ない場所にいると、頭がスッキリする
と平野ノラさんもおっしゃってたんですが。

 

実感してます。
わが家もパワースポット化してるっぽい!!(部分的に)

 

なるべく雑多な感じが無いほうが
頭がスッキリするんだと思います。

 

まだリビングに雑多なスペースがあります。
なんとかしたい、と、気になってます。

 

でも、リビングでみんなが使うものが使いやすいように、
その場しのぎなむき出し収納のまま使っているので
これも見直していこうと思います!

 

そうか、やっぱりシンプルなのがいいのね

SPONSORED LINK

 

・・片付けが進む、パワースポット化(たぶん)しつつある2部屋を掃除していて毎朝そう思います。

 

子供部屋や旦那さんの部屋は、手をつけてません。
リビングをシンプルにすることで自分の部屋も!と言ってくれるまで
こちらからも言わないようにしようと思ってます。

 

でも、子供たちには日々かたづけに関しては話はしてます。
(本当は手をだしたい)

 

ずっといたくなるとは、このことか!

落ち着くスペースになってきたな、と思います。

掃除が終わって、コーヒー入れて、ボーッとしてたいなと思います。

片づけて、そうじをすることで
お家の中の空気がスッキリな感じがします。

 

引き出しの中で眠っていた、みえないものを処分したら
余計にそんな感じがしています。

 

モチモノを減らせばイライラは必ずなくなる

 

お部屋のパッと見だけでなく、
収納の中身もシンプルなほうが絶対いい!と思います。

わが家はまだまだモノと向き合う余地があります。

 

見直し大作戦

今後スッキリを目指す場所を
ここにあげていこうと思います。

・工具箱

・テレビ台の下のDVD/ゲーム類

・服の収納と見直し

・玄関の収納の見直し(ガラ―ン化したい)

・写真・子供作品(なかなか進まない)

 

まだまだこんなにあるー^^;

スキマ時間でときめき判断

家族の同意がいらない場所は、スキマ時間ですすめていきます。

まずは自分だけでできるところをすっきりさせて
そのあとは家族と一緒に、とか思い出系をすすめていきます。

以前片付けが終わったところも
今見たらあれ?っていうことがあるので

本当に必要、になるまで進めていきます!

 

ガラクタ処分が優先

毎日すこしずつではあまり進まないんですが
短時間でちゃちゃっと判断していけばいいと思ってます。

ただ、洋服だけはこんまり流のまつり形式で行こうと思います。(1か所に集めて判断して片付ける)

 

まとめ ーで、いいコトある?ー

 

ここ最近

かたづけ・手離す・そうじ
この効果ってすごいんだ!と感じています。

スピリチュアル的なことになるかもですが

直感をキャッチできるようになったり

 

もともと直感で動くヒトなんですけど、

ものが多い、そうじが行き届いてない

というお部屋から抜けだしたら

直感をひろえるようになったと思います。

 

 

ものが多いときは、そっちに気がとられていたんだろうし、

なんとなく気持ちもざわざわしながらすごしていたんだと思います。

 

モノがなくなると、意識がクリアになるんでしょうか?

 

片づけをして、部屋の掃除をすることで

自分までシャンとなるんですね。

 

こうやって直感で生きていく=自分の本当の心の声をきいていくこと

はいいなと思っていました。

 

単純にモノが少ないと生活がしやすいのは間違いない、と何度も感じてます。

同じく、おかたづけ中のみなさん、お互いにがんばりましょう!

初めておかたづけスイッチが入った方

まずは机やテーブルなど、小さな空間のものをかたづけて、まずは2週間キープをめざしてみてください!

夜寝る前、テーブルの上になにもないことを目標に
まずは3日ずつを意識して2週間をめざしてみてください!

朝起きた時、テーブルになにもないときの、
すっきりしてる感をかみしめてください^^

私はそんなスタートからはじまりました。

 

お読みいただきありがとうございます!

コメント