【ミニマリスト・断捨離】こどものおもちゃは写真にのこせばいい

スポンサーリンク
ミニマリスト*断捨離

 

こどもが大きくなると
あそばなくなったおもちゃを
かたづける日がきました。
まだ遊ぶ、っていいながら残してきたけど
もう遊ばないくなったおもちゃたち。

いろいろすてたなー。
プラレールとかはまとめて買いとってもらったり。
こまごましたおもちゃとかもすてました。

いまおもえば節目節目だけでなく
こどもたち主体でもっとさせるべきだったなーと思います。

スポンサーリンク

すてられなかったミニカー

 

あの頃はあんなに遊んでたけど
もう遊ばなくなったおもちゃで残しているのは
ミニカーとレゴだけ。

 

ミニカーは残すつもりだったけど
こんないきさつで手放すことになりました。

 

 

残す理由:こどもに孫ができたらあそばせたい・思い出

こういうのにちょっと憧れてます。
親子2代、みたいなの。

だからいっぱいあったミニカーの中から
この3台だけにしぼりました。

それと思い出としてのこしたい。
見ればその頃が思い出せる

だから残してました。

 

 

親のエゴ

そうはいってもうちの子が結婚して孫ができるかどうか?
わかんない

きがつきました。

おい!これ、わたしのエゴの塊じゃないのか!?

こどもがどんな人生をすすんでいくかなんてわからない
その“今はミエナイ未来”にとらわれてる

てことに、気がつきました。

 

 

本人にきく

本人はどうなの?
きいてみたら
『飾らないだろうしイラナイ』

あー本人はまったく愛着なし
あのときは愛着があったけど
もうとっくに手放してるんや

過去にしばられているのは母だけだった・・

 

 

で、どうする?

すてます。

わたしも飾らない。
ほしいのは思い出なんだよね!

 

この写真、スマホにはいってるし
なんなら、このブログ消さないかぎり、
ここでいつも見れる。(笑)

こうやって思い出を思い出す方法があるから
おもちゃはすてます^^

 

まとめ*すてるつもりがなかったけど捨てられた

よかったと思ってます。

だって、残しておいて
本人も孫もいらんってなったらただのゴミ
そのときがくるまでに
わたしはいないかもしれないし。

わたしが空へかえったとき
大量のゴミで困らせたくないとは思ってます。
こどもの思い出グッズ、おもちゃ意外にまだまだある
思い出グッズの手放しは、
老後の楽しみとかいってないで
やれるときやっとこう。

お読みいただきありがとうございます

 

コメント