【掃除】めんどくさがり主婦、どうやって掃除してるの?

スポンサーリンク
お掃除 

こんにちは

つたないブログにご訪問いただきありがとうございます!

ダスキンモップについての記事が人気があり、うれしいです。

 

 

私自身、ダスキンの仕事で知った、レンタルモップのこと。

まだまだお伝えしたいことが山ほどあります。

 

ダスキンモップ以外にも

お掃除ロボットのことや、棕櫚(しゅろ)ぼうき について書きました。

お掃除ロボット以外は経験済みのそうじ方法です。

 

根っからのめんどくさがりで、そうじに向き合うことがなく

そうじが習慣にならなくていろんな方法を試しました。

 

いろんなそうじ方法をやってみて、

ようやく落ち着いた方法があるので、

今回はそれについて書いてみようと思います。

 

スポンサーリンク

めんどくさがり主婦のそうじ道具

そうじが続かないことを分析してみることにした

そうじは、お家をきれいにする為にしなければいけない

そうじすることで、家族が快適にすごせる

とわかっていても、続かない。

 

根っからのめんどくさがりなので、そうじの目的よりも

やらなくても大丈夫でしょ、という気持ちが勝ってしまう。

この気持ちをまず変えなければ、変わらないと思った。

 

旦那さんは外で一家のために 稼いできてくれる。

子供たちは毎日頑張って学校に通っている。

そうじは主婦の仕事である。

と、言い聞かせても、続かない。

わかっているけれど、続かない。

 

そこで、出会ったのがこの本でした。

この本にはそうじとは なんなのか?

ということがかかれています。

 

そうじの仕方も書かれていますが、

そうじとは なんなのか を学ぶことができ

ここからようやく、本気でそうじの習慣をつけることができました。

そうじはこうやってやろう!!

神さまがやどる お掃除の本

 

心の持ち方をここで学べました。

気持ちがやっと切り替えられたのは、この本があったから。

感謝感謝です。

 

そうじについて改善したいなと思ったら、ここに答えがあるかもしれません。

さて、ではどうやってそうじをしていくか、継続させるかを考えました。

1か月のそうじ計画をたてる。

決めて続けるそうじの中心は、“床掃除”

SPONSORED LINK



  • 手帳のコピーをとります
  • 曜日やバイトなどを配慮しながらきめて、1の手帳のコピーに書いてきます。

私はバイトがある日は床掃除の日 ときめています。

ない日はなにもしないか、いつもとは違う場所をしたり、軽くすませます。

床掃除の方法

上の“バイトなどを配慮しながら決める”ですが

 

たとえば とにかく早く済ませたい時は  マキタ掃除機+ぞうきん

このコンビは床掃除を終わらせるにはもってこいです。

 

 

し丁寧に床掃除をしたい時は  シュロぼうき+ぞうきん

このコンビは、部屋のすみまでほうきではきだせるし、家具のスキマや壁のほこりも

一緒におとすことができます。

気が付いたらスキマまでしっかりそうじ!これができます。

後回しにしちゃうと、忘れてしまったりしますから、ほうきは頼もしいです(^^♪

 

床掃除にも、道具を使い分けているので

あきません!

最終的に、これもミニマムにしていくのが目標です。

私の性格では急にはできないので、ぼちぼちとですが。

 

それと、ぞうきんには“はっか油”をたらします。

めんどう、と思う前に、はっか油のいい香りで

ぞうきんがけが楽しみ♪という意識にもっていきます。

 

はっか油は虫よけにもなるようですし、

なによりも、さっぱりさわやかな香りを楽しみながらの癒され掃除。

楽しいんですよね。楽しいから続くのです。

 

バケツは使う時と使わない時があります。

 

こんな風に

やり方がいくつかあります。

これ、私にとってすごく大事なんです!

 

なせそうじが大事なのか、という考え方だけでなくて

同じことを繰り返すとあきてしまって楽しくできない。

楽しければやる気がでて続くだろう、といくことです。

 

この方法を習慣づけるためにまずは1か月続くように

できたら×をつけてモチベーションも維持できます。

さぼったら後日にまわせば大丈夫。

まとめ

こんな風にして ようやくそうじの習慣が身に付き始めました。

こんな風に思考錯誤しなくても

そうじはやるのが当然でしょ!!

って思って掃除ができればいいんですけれどね。

 

でもようやく人並みに掃除する習慣がつきました。

 

 

読んでいただきありがとうございます。