【大掃除】レンタル道具で楽々そうじ!ー天井編2ー

スポンサーリンク
大掃除

unsplash-logoPatrick Schneider

 

ブログの中でダスキンのモップについて
書いています。

わたしは、お金をだしてモップを借りる、という概念が以前は全くありませんでした。

専業主婦なんだから、市販の掃除道具を買ってきて
お掃除の努力をしなきゃ・・と、めんどくさいなりに、こんな風におもっていたのですが、

市販とレンタルでは全然ちがいますよ!!


なにがちがうのか、今回、最初に紹介するモップからお話させていただきます!

 

天井そうじが劇的に楽ちん!なモップ

 

 □ハンディモップ

SPONSORED LINK

 

このモップのいいところは何か?

    • 伸縮できる持ち手なのに、軽い

 

    • 市販のワイパ―とは違ってしっかりしているので
      力を入れたお掃除もできる。

 

    • モップが全体に丸いので、上にあげた時に思ったように動く

 

    • モップの先が45度に曲がるので、
      照明器具や、キッチンの換気扇上のおそうじなども
      らくらく!

 

    • もしもモップのほこりが落ちたとしても、吸着剤で一度モップについているから簡単にほこりがかたづく

 

  • モップが真っ黒になるまで使ってから返却できる!

 

 

スポンサーリンク

私の使用感

 

先に紹介した掃除道具にくらべると、
手の届きにくいところを

掃除するように作られているので

効率よくお掃除ができます!

そして、しっかりと天井そうじが終わったら、

返却までに、部屋の中も外も使い倒してから返却できるので

普段は手の届かなくて気になっていたところもまとめて掃除ができてしまう、

大掃除にぴったりのアイテムです!

どんなに汚しても、
あとはダスキンに返却だけでいい

私が担当させていただいていたお客様は、

キッチンフィルターを私が交換中に

(ダスキンでは、換気扇のフィルターの交換を上がらせていただいてさせていたたいています)

このモップで、天井から壁からお掃除された後、

最後は床までしっかりお掃除されてから交換していました。

万能モップと人知れず呼んでいました(笑)

 

レンタルだからこそ、なんですよね。

 

ハンディモップFの詳しいことはこちらでどうぞ
 エレクトロンの詳しいことはこちらでどうぞ

エレクトロン、という名前からもなんとなくおわかりもしれません。

 

前回のこちら↓でご紹介したモップで

ポリばたき、というのがありました

【大掃除】道具別・ピカピカおそうじ!-天井編1ー

 

こちらとは逆にあたる、固定電荷という働きを使ったモップで、

ダスキンが開発したのだそうです。

この固定電荷は静電気のように、電化製品に悪影響を及ぼさないのに

一度吸い付けたほこりは放さない!という、すぐれもののモップです。

このモップは長い持ち手はレンタルではなく別売りなのですが、

高いところの掃除に困っているようでしたらこの機会に購入され、

4週間レンタルをしていくのもいいと思います。

 

このモップは使ったことがなく、

ハンディモップFのように使用感はお伝えできませんが、

モップの幅が広いので、

高いところのお掃除も時短が期待できます!

背の高い本棚は、特にこのモップが活躍します。

目に見えない、手の届きにくい場所のほこりもしっかりキャッチしてくれます!

 

まとめ

お金を出すことで、忙しくしている方も、

高いところのお掃除にお悩みの方も

大掃除のハードルが低くなります!

 

年に一度のお掃除からレンタルモップをはじめてみるのもおすすめです。

4週間に1度、交換なので、しっかり使ってかえしましょう!

価値あるお掃除道具です。

大掃除の時だけのレンタルが可能かどうかは、

ダスキンのホームページから最寄りのお店に確認をしてみてください!

 

お読みいただきありがとうございます!