【大掃除】押入れとクローゼットをキレイに活用するための道具!?

スポンサーリンク
大掃除

こんにちは!
大掃除のあとのきもちのいいすごしかたについて。

こちらで、押入れやクローゼットのかたづけ・掃除・そのあとのケアをご紹介しました。

関連:【大掃除】ほこりの温床?奥からきれいに!-押入れ・クローゼット編ー

今回は

せっかくキレイになった押入れや寝室を、気持ちよく使っていく方法です。

 

実は結婚してすぐに住んだ建物が湿気の多いところで、カビをだしてしまい

そのあともカビと戦いながら、学びながら くらしてきました。

 

すのこ × アルコール × 除湿器 × 使いすて除湿アイテム × 新聞紙 × 掃除機 × 扇風機

 

が、この場所のおそうじ・除湿アイテムの定番になりました。

 

押入れやクローゼットにほとんどものが入っていないような方には
不要な作戦です。

 

ある程度ものが入っている方へのアイテムです。

 

物がなければあの手この手を使わなくても
そうじができてしまいますよね。

 

掃除をこまめにすることで、ほこりをためないことと、

扇風機で風を通して空気を動かすなど 

湿気をためないようにして、カビを生えにくくすることが大事です!

 

 

スポンサーリンク

すのこ

 

押入れの壁沿いと、底の部分にすのこをひきます。

そうすると、モノと押入れの間に空間ができるので、

風をいれれば湿気が外に追い出せます。

すのこの下にはほこりがたまるので、掃除機で吸い取ります。

 

直に置くよりも衛生的です。

 

アルコール

SPONSORED LINK



水拭きしただけでは、菌がひろがってしまいます。

カビは消毒用アルコールPというもので殺菌するようにしています

こちらの商品は薬局で簡単に手に入れることができます。

 

カビの殺菌はもちろん、予防にもなるし、いろんな場所で使えるアイテムです。

この容器のままだと使いにくいので、スプレー容器に入れ替えて使います。

 

除湿機

これは、いつも湿度80%くらいのおうちに住んだときに購入しました。

それまでこれほど多湿な場所で住んだことはありませんでしたが

お隣さんにきいたら、除湿機は絶対いるよ!といわれたので買うことにしました。

 

今も雨の日のには、洗面所に洗濯ものを干して乾燥させたりしています。

大活躍しています。

温風が押入れの中をカラッと乾燥させます。

 

使い捨てアイテム

みずとり〇〇さんなどの、使い捨ての湿気取りアイテム

いろんな場所にセットできて、

たまったら捨てられる便利なアイテムです。

安いときにストックして、

水が溜まったら交換できるようにしていくといいですね。

 

新聞紙

新聞紙は湿気とりにおすすめです。

すのこの下にひいたり、細く丸めておいたり、即席でも優秀。

良く湿気を吸収するし、使い終わったら気軽に交換もできます。

新聞紙のインクが防虫効果もあり、虫をよせないようです。

 

今は使っていませんが・・・

竹炭もおすすめです。

炭は除湿効果と空気を浄化する働きもあるそうです。

効果を持続させるには、お天気の日に、天日干しさせると、復活するそうです。

 

 

まとめ

いろんな除湿方法があります。

ご自分のライフスタイルにあわせて選んでみてください。

 

お読みいただきありがとうございます!