【大掃除】洗濯機の掃除 外側もキレイに!

大掃除
スポンサーリンク

洗濯機のお掃除で、

ふだんあまり掃除していないと思うのが、

洗濯機全体の外回りのお掃除だと思います。

 

洗濯機の外側汚れもリセット!

洗濯機は最近ではお部屋の中に置くことが多いので、日光はあたらなくても

ほこりはかぶりますよね

 

ほこりと湿気があわさると。。。カビが発生します!

 

洗濯機にも十分にこのことがあてはまります。

大掃除で一度リセットしましょう。

本体で他にも汚れている場所が・・!

SPONSORED LINK



それは、洗濯機のフタ!!

うちの場合、特にアコーディオンのようにフタがおりたたまれるタイプ。
そのふたのおりたたみ部分にほこりがたまります。

 

フタまわりの溝は、使い古した歯ブラシやメラミンスポンジで
ほこりをとります。

 

洗濯槽のドラムのふちなどもほこりがたまりやすいので
忘れずにきれいにしましょう。

 

洗濯水の行く先、排水口

排水口のお掃除もしっかりとやっておきたいですね。

 

うちは屋内で、パネルの上においていますが、
排水口の中は昔からの釣鐘が入ったタイプなので、

 

市販の洗剤を流す前に、釣鐘をあげてゴミをとり、
それから洗浄していますが、

 

こちらで今主流の排水口(とおもいます)の掃除の仕方がのっていたのでこちらでみてみてください!

 

洗濯機の排水口の掃除の仕方

 

くずとりネットはどうしますか?

くず取りネットは、洗濯機の洗濯槽を洗うときにいっしょにつけておくのがベストです。

とりはずし式のものなら、手洗いすればOKですね。

 

洗濯機の本体外回りは?

アルカリ電解水やマイペットなどを使って拭くとサッパリすると思いますが
個人的には空拭き+メラミンスポンジで汚れを落としています。

 

メラミンスポンジは、気になる汚れを
よく絞ってこすればピカピカになります。

 

エコで実力派な汚れ落としスポンジですね。

 

細かいところまでそうじこんな風にお掃除をしたら

最後は、空ぶきでぴかぴかです♪

コンセントも軽く空ぶきすれば、完成です!

 

まとめ

洗濯機ってつい中ばかりきになってしまいますが、

感謝の気持ちも込めて、ピカピカにしてあげてください!

 

お読みいただきありがとうございます!

大掃除のコツ

【掃除の前に】会員登録ナシで本の宅配買取がスタート!ココからがお得

【大掃除】レンタル道具で楽々そうじ!ー天井編2ー

【大掃除】ほこりの温床?奥からきれいに!-押入れ・クローゼット編ー

【大掃除】洗濯機の黒カビ 気になりませんか?

【大掃除】洗濯機のカビは重曹でキレイに掃除!

【大掃除】レンタル掃除道具をかしこく使って大掃除が激変!!

【ダスキン】大掃除におすすめの道具 おひとり・お2人住まい編

【ダスキン】レンタル道具で時短大掃除!・かぞく編

【大掃除】エアコンクリーニングは自分でやっていい?プロに頼むタイミングはいつ?

【ミニマリスト】大掃除のコツ 紙類は全捨て!

ハウスクリーニングのお値段は?大掃除や掃除を代行で、という方法。