【汚れ対策】重曹・メラスポ・酢で洗面所を簡単きれいに

スポンサーリンク
お掃除 

 

今回は洗面所の掃除について書いていきます。

この掃除でよごれ防止にもつながります!

重曹とお酢コンビが大活躍!

水回りの掃除を、場所ごとにみていきますね!

 

スポンサーリンク

手持ちの洗剤でしっかりふいてください。

 

または、香りつきビネガー水(※)をスプレーして、

ワッフルなどのやわらかくて、毛羽たちのない布でみがき拭きします。

大き目の布ですっすっすと一度拭けば数秒ですっきりします

 

洗面台

SPONSORED LINK



しつこい汚れがあれば固く絞ったメラミンスポンジで磨いたあと、乾いた布で拭きます。

やわらかい布に、香りつきビネガー水(※)をスプレーして、サッとふき取ります。

 

洗面台をいつもビネガー水でお手入れすることで、
カビや雑菌の繁殖も抑えることができます!

 

特に汚れたところ・・・重曹ペースト(※※)でポイントクリーニング!→仕上げにビネガー水でリンス・水気をふき取る

 

洗面シンク

 

重曹の粉を、直接ふりかけて、
少し湿ったやわらかい布・スポンジ・アクリルたわし などで磨きます。

ふだんから、朝の準備をしながらみがくだけでOK

 

蛇口の根元

 

いつも水滴がついては乾き、ついては乾き・・・蛇口の根元には水あかがついてしまいます。

ティッシュペーパーにビネガー(ビネガー水ではない)を含ませ

30~2時間―一晩パックしておく。すると水あかがゆるんでくるので

重曹の粉をふりかけて、ゴシゴシ磨き取りましょう。

 

キレイにした後ビネガー水でお手入れをしていくと、水あかの発生を防ぎます。

 

排水口

毎日の重曹掃除で使った重曹が、
ここを通じて流れていくことが簡単な汚れと匂い防止策になります。

 

時々は、ビネガー+重曹で完全なお手入れをします。

 

排水口のまわりに、ビネガー(ビネガー水ではない)を含ませたティッシュペーパーをおいて、30分~2時間、もしくは一晩パックし 水あかをゆるませてから、重曹の粉で磨きます。

 

くし、ブラシ

洗面器の中にぬるま湯を貼り重曹をいれる。

ここにくしやブラシをいれて30~2時間おくと汚れが自然にういてくれるので、

使い古しの歯ブラシや綿棒でとる。

 

※香りつきビネガー水

作り方1

市販のビネガー500ccに可食用ラベンダーを2-3日つけておくとビネガーがピンクになる。

これを2-3倍の水にうすめたもの

 

作り方2

カップ1杯200ccのビネガー+精油8滴くらい→これを2-3倍の水にうすめたもの

 

※※重曹ペースト

重曹に、少しずつ水をくわえて湿らせ、ねるとしっとりしたペースト状にかわったもの

 

まとめ

日頃のケアをしっかり行っていけば、

大掃除もあっというまにおわってしまいます。

それにはご紹介したような、重曹でのケアがとても有効です。

年末でリセットした汚れをこれらのケアで、汚れ知らずで過ごせるといいですね

お読みいただきありがとうございます。

参考ー飛鳥新社 クリーンプラネットプロジェクト岩尾明子“重曹生活のススメ”