≪家計簿≫予算生活の家計簿の当座帳は必要ですか?

スポンサーリンク
あれこれ

以前、ご紹介した、
家計簿の中の家計簿“予算生活の家計簿”について

こちらで書かせていただいたところ、

たどり着いてくださった方がいらっしゃいました。

羽仁もと子 「予算生活の家計簿」は、価値ある家計簿です

 

この中で当座帳について、後日書くといいながら、今になってしまい、

 

ここで書かせていただくことにします。

お力になれれば幸いです!

 

スポンサーリンク

当座帳があれば、迷子の支出金はなくなる

SPONSORED LINK



 

私も1度だけつけたことがありました。

 

当座帳をつけると、使途不明金がなくなります。

その日あったお金の動きを一手にまとめておけるからです。

 

その日のお買い物をレシートから移して書いておく。

できなければテープでとめてもいい

レシートがないものについても書いておける。

銀行からの出金も覚書ができる。

一日のお金の動きを、ひとまずそこに書きおく。

そして、

時間が許す時に、当座帳から家計簿に、

費目別にうつしていけばOKです。

 

当座帳はその日その日のお金の動きが一目でわかるので便利です。

 

 

 

なれてしまうと不要になる

ー直接費目別に仕訳けるということが、できるようでしたら

ーすっかり家計簿をつける習慣ができあがっていたら

当座帳は必要ないかもしれません。

 

ただし、一日のお金の動きをみる、という資料がないことになります。

 

そうですね。こんなところです。

 

 

手順は多いけど、使途不明金がなくなるのはいいな・・・当座帳あり!

とりあえず、当座帳つけてみたい・・・・・・・・・・・当座帳あり!

 

手数は少なくていい・・・・・・・・・・・・・・・・・当座帳なし!

 

 

簡単な説明になりますがこんな感じです。

 

まとめ

当座帳を使うことで1日のお金の動きをつかめば
節約の意識も高まります。

ただ手間を考えた時に

ご自分がこれならだいじょうぶかな、という風に

どちらか選択していただいたらと思います。

 

お読みいただきありがとうございます!