【まとめ】コードレス掃除機のいいところって?

  マキタコードレス掃除機
スポンサーリンク

 

ブログにゆっくりしっかり、書きたいとずっと思っていたのが、

マキタコードレス掃除機のことです。

めんどくさかった掃除機がけが劇的に変わりました。

 

この記事がおすすめなひと

・掃除機がけがめんどう

・コードつき掃除機をつかっているけど不便だときづいた
・コードレスクリーナーのクチコミがしりたい

なぜ“マキタのコードレス掃除機”を選んだのか?

SPONSORED LINK



 

めんどくさいと思う掃除、
めんどくさくないようにするには

どうしたらいいか?

真剣に考えました。(恥ずかしいほぼ最近までのこと)

 

そうじが大好き、苦にならない人なら
どんな道具でも掃除はイヤにならないのかもしれませんが

私のように、そうじ機をかけることも面倒だ思っていると、
どうしたら掃除が習慣になるのか
きちんと向き合わないと解決しない

と思い、いろいろ調べたり考えて、

マキタのコードレス掃除機なら扱いやすいから掃除が習慣になるかもしれない、
と思い買うことにしました。

この記事が、そうじ機を選ぶ時の参考の1つになれば幸いです。

 

 

コードがないから、使いやすい。

コードレスそうじ機のなかでも

マキタ掃除機を使っている人のことを調べると、

掃除機をしまいこんでいる人が少なかったです

 

例えば、
洗面所の壁にひっかけている人や、
リビングの隅にたてかけている人・・。

しまわずに、いつでも出動OKなスタンバイ状態!


コードをつながず、
持ってスイッチをいれたらすぐ掃除ができる!


なので
気になったらコードレスそうじ機をもってきて、かるく掃除をするので
部屋がキレイな状態にすぐ戻る!

 

ゴミが散らかっても

コードレス掃除機ならそうじきをだすことも、そうじすることも手間に感じません
ほうきとちりとりが合体しているような感覚です。
ほんとに。
これはすごい。
道具1つでこんなにもめんどうくささが違うなんてじぶんでもオドロキでしたよ。

 

それまで使っていた床ハイ式の重いコードつきだと
掃除機を出して、
コードを出して、
つないで掃除して、
コードをしまって、
掃除機をしまう・

ほんとうに面倒でした。
でもこれがあたりまえでした。

 

コードレスだとこんなメンドウなアクションがないので
使いやすいなと思いました。

もうコードつき掃除機にはもどれません。

 

スタンド式で軽い

 

腰を曲げて、
床の上を重い掃除機をごろごろと引っ張りながら掃除をするという
何気ない日常の苦痛

この何気ない苦痛をあまり意識しませんでした。

 

この掃除機があるのだから、

こんな風に掃除するのが当たり前。

これでやらなきゃいけない。

 

という思い。
これが習慣にならない原因だとわかったのです。

 

まだ動く掃除機があるのに、買い替えてしまっていいものか

すごく悩みました・・・。

 

でも掃除道具をかえて

軽くて楽な姿勢で使える掃除機のほうが、
きちんと掃除できるなら変えよう。

と、気が付き、マキタ掃除機を買うことにしました。

 

紙パックのないタイプだから、管理がラク

 

本体をえらぶとき
紙パックタイプもありかナシか、迷い

本体内に直接ゴミがたまるタイプにしました。

これも、自分の性質をよく考えたうえでの選択です。

 

 

紙パックにすると、ゴミがパンパンになるまで換えないおそれが・・

でも、本体に直接たまるタイプなら、ゴミを捨てる過程が楽チンだから
捨てると思ったからです。

本体にたまるタイプ
ゴミをすてる作業はひねって・すてるだけ

 

紙パックにたまるタイプ
紙パック交換の手間
紙パックをだして・すてる・セットするのアクションの多さ

 

本体にたまったゴミは
掃除をしたあとゴミ袋にいれるので燃えるゴミの週2回ですてています。

 

本体を除菌クリーナーでさっとふくようにしているので、
以前よりも手入れはしています。

 

まとめ

コードレス掃除機のいいところ
どうでしたか?

なにか知りたいことがあれば
ご質問あればお問い合わせフォームやコメントからどうぞ

お読みいただきありがとうございます

 

関連記事はこちらです

マキタコードレス掃除機なら掃除の習慣がつきやすい

ひとり暮らしには、マキタスティック型掃除機をおすすめします。

マキタ掃除機がめんどくさがり主婦の掃除モチベーションを維持させているワケ

【マキタ掃除機口コミ・レビュー】:めんどうな掃除が“楽しく”なる掃除機