掃除が“ミニマム”になるくらしかたを考える。

スポンサーリンク
掃除メンタル

 

こんにちは

めんどくさがり主婦が日々のくらしで学び、実践してきた
いろんな掃除の仕方をこのブログで提案しています。

今回は
そうじの仕方ではなく

そうじをする、生活の拠点、住まいについて
考えてみようと思います。

あ、めんどくさいからならではの発想なのかもしれません。
あきれちゃったら、このページ、ふせてください(すみません!)

 

 

スポンサーリンク

ちいさく くらす

小さく暮らす方法として2つ。

1.こんな住まいにお引越しする・・

2.引っ越しはできないけれど、ものをへらす

 

1.について

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。

 

 

さきほどの1.から飛んでいただいた方、少しわかりにくかったかもしれませんが、
上はこのホームページから引用させてただいたものです。

 

小さいお家で暮らそう、というわけです。
生活拠点を小さくすることで、
お掃除は間違いなくミニマム化に成功します。

 

それどころか、個人的にはピカピカに磨くのが楽しい暮らしになる、
そんな気がしてなりません。(た、たぶん・・・)

 

なぜなら小さいおうちだけに、
お家の中に置くものは厳選されたものばかりになるからです。
手を伸ばせば物が取れるような。

 

厳選した大事なものは、大切に手入れもしていけると思います。

気に行ったものを、長く使う。お手入れも大切な時間。

そんな暮らしを目指していきたいのです。

 

うちは、家族全員狭いところが落ち着くので大好きです。
広々としたい時は、海や、芝生の公園にたまにでかければいい感じです。

うちなんかは、こんなおうちがいいな、と思います。

現実すぐに!とはいきませんが・・・。希望です。

 

掃除との関係をかえたい場合、住まいを小さくする、という案です。

 

 

 

2.について

SPONSORED LINK



こちらの方が現状近づける方が多いと思います。

 

とにかく、モノを減らします。
ただ、単身のかたはすぐに行動にうつせますが
家族住まいとなると、そうもいきません。

 

実験的に

なくてもいいんじゃない?
のシミュレーションは、家族の意見をきくのにかなり効果があります。

 

例えば、ソファをやめて、
アウトドアの機能性のいいイスを使う。

 

見栄えもいいし、コンパクトにたためて、使い心地もいい、そうじもしやすいなどという理由。

シミュレーションとして
こんな時は一度、リビングからソファを撤収させます。

撤収撤収!!

 

そして、お持ちであれば、キャンプ用の折りたたみ椅子を実験的につかってみます。
もしなければ、クッションや座布団でもいいんです。

 

するとこんな意見があがるかもしれません!

―ソファがなくなってすっきりして、部屋が広いね!

_引っ越したみたいでいいね

―お掃除も楽だね(これはないか。。。(笑)

 

こんな意見がでたら しめしめです。
やっぱりソファじゃなきゃ?じゃあ,例えばこんな感じはどうかな?とか・・・