トイレの中はサビではなく汚れだった・・1時間掃除しました。

スポンサーリンク
  トイレ

 

今の賃貸に引っ越してきた時に、

蓄積した汚れが一番ひどかったのがトイレでした。

 

それは、4年も汚れだと知らず気づかず
すごしてきたのです。
塗装がはげているのだと思っていました。

 

スポンサーリンク

まさかのトイレ掃除大作戦

SPONSORED LINK

私は塗装がはげているんだから、どうしようもない、と思いこんでいたんです。
でも、こどもがトイレのソレが嫌だというので、
仕方なくそのサビをよく見て考えようと思いました。

 

とりあえず、サビをこすってみよう、と思いよくみたら、
サビじゃないかもしれない…!?

 

思い込みって本当にいけませんね。

 

 

サビは前住人が残していった よごれ でした。

             
とにかくガンコな汚れだったので驚きました。
めんどくさがりの私でもトイレの中は少し汚れたら掃除するくらいはしていたので
まさかこんなに汚れが頑固であるということは、
全く掃除しなかったのだろうか・・・と想像してしまいました。

 

正直、気分が悪くなりました。
ここに引っ越してきてすぐ、見えないところの掃除を全然していないことが判明し、
ここに引っ越す前に、自分は後の人に不快感がないようにと住んできた部屋を掃除してきたのに、
また新居で部屋中掃除をしなくてはならないくらい
ひどく汚れていたのを思い出したからです。

 

汚れと分かったのだから、これをしっかりリセットしないと!と心に決めて、
家族にトイレはしなくて大丈夫かと確認。

準備したのは、ゴム手袋、トイレブラシ、古歯ブラシ、重曹と熱湯の5アイテム。

 

重曹とトイレブラシでこすり、流したら、熱湯をいれます。
そしてゴシゴシとかなりの力でこすると、少し汚れがういてきました。
たぶん、奥の方の汚れです。

重曹をいれる ➡ ゴシゴシこする ➡熱湯をいれる

この繰り返しです。

ゴシゴシでとれなくなり、ガリガリに。
ガリガリしていると、トイレブラシの
先についているスポンジがとれてしまい柄の部分でガリガリ。
ちょうど、ヘラのような使い勝手に!

しかし、こすってもこすっても

超ガンコゾーンが残ってしまいました・・・。

 

ここまで来たら、なんとしてでも綺麗にしたい!
このガリガリをなんとしても、おとして見せる!

手を突っ込んで、やすりでゴシゴシ作戦に。
これしか取れない、とわかったので、気分が悪くなりそうでしたが
突っ込んでガリガリ。

 

時間はかかりましたが、床に座って繰り返し繰り返しひたすたら

熱湯をいれ、トイレを磨くと・・・

そうして1時間くらいでようやく汚れが落ちました!

 

気持ちのいい達成感が私の中に広がりました。
というか、本当に疲れました・・。

 

今はもう、もちろん簡単なお掃除だけで大丈夫です。

いろんな賃貸に住みましたが、
今回は本当にいい勉強になりました。

途中、手を突っ込んで、ガリガリ

これを経験したのは、私の中でとても大きな経験でした。
もう、どんな汚れもためればこんなふうになる、と、いい教訓になりました。

 

まとめ

 

掃除をしないと招くのは超超ガンコな汚れ!

 

頑固な汚れがおうちにあるようなら

即リセットしましょう。
そのあとは毎日簡単そうじで、キレイをキープ!です。

 

 

お読みいただきありがとうございます!
関連記事はこちらです^^
◆【レビュー】2017.4発売のキレキラナノEXを使ってみました。
◇【神様おそうじ】おうちの中をパワースポット化ートイレ汚れリセットー
◆【掃除時短】あたりまえをやめる作戦ートイレのマット類をすてる。ー