断捨離の方法を間違って覚えていない?ーやましたひでこさん公式HPで知るー

スポンサーリンク
ミニマリスト*断捨離

 

このブログの中で
カテゴリ―分けで、“ミニマリスト*断捨離”
としています。

ミニマリストと断捨離は似ていますが同じことではありません。

でも、はっきりとこれはこれ!
と断言はできません。

学んでいる最中です。

それで一度、このカテゴリーとなっているミニマリスト*断捨離について
書いておきたいと思っていました。

スポンサーリンク

すっかり世間に定着している断捨離

SPONSORED LINK

 

断捨離という言葉が広まりすぎて、
本当の意味で知らずに使っている方も
多くいらっしゃるのではないでしょうか。

この断捨離を片付けというジャンルに落としこんだのは、

やましたひでこさんです。

 

やました ひでこ

クラター・コンサルタント
東京都出身。石川県在住。早稲田大学文学部卒

 

学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。断捨離は、心の新陳代謝を促す、発想の転換法でもある。

出典元:https://yamashitahideko.com/profile/ 断捨離やましたひでこ

 

ご自身がヨガを学ばれていたときに出逢った“断行・捨行・離行”これが片づけにも活かせるのではないかと気が付き

「断」=入ってくる要らないモノを断つ
「捨」=家にはびこるガラクタを捨てる

 

「断」と「捨」を繰り返した結果訪れる状態を、

「離」=モノへの執着から離れ、ゆとりある“自在”の空間にいる私

  出典元:https://yamashitahideko.com/profile/ 断捨離やましたひでこ

 

ということなんだそうです。
これが正しい断捨離です。

ただの片づけ、ではないのです。

 

 

この先は断捨離を私が理解している範囲で
取り入れて変わったことを書いていこうと思います。

 

 断 

入ってくる不要なものを断つ方法は、以前ご紹介したこんな方法があります。
    ポストに入ってくる無料チラシは必要?-ミニマリストー

ミニマリスト、って書いていますが・・

街角で何気なくポケットティッシュをもらってしまう、
そんな行動を見直してみるといいと思います。

 

必要ならばもらっても大丈夫です。

 

・・・何気なく

ということが見直しするべきところです

 

無料なら何でも欲しい!!

と手当たり次第欲しがることで、不必要な情報やゴミも持ち帰ってしまうわけです。
コンビニのおしぼりやお箸も使わないならきちんと断るべき。
もらっちゃったらこちら!

 

使うか使わないかわからずにいただいてしまうと、
それを片付ける手間もかかってしまいます。

 

私は、この 断 を知ってから
タダでもめんどうになるくらいなら
もらわないようにしようと 意識が変わり

モノも人間関係も必要以上に欲しがらなくなりました。

 

 捨

家にはびこるガラクタ

やましたひでこさんは、ご自身を クラタ―コンサルタント と名乗っていらっしゃいます。
クラタ―とは英語で「clutter」、ガラクタのことなんだそうです。

[名](不要なモノの)散乱、散乱物、乱雑。
[動]場所を取り散らかす、頭を(不要な情報で)いっぱいにする。

                                  出典元:https://yamashitahideko.com/profile/ 断捨離やましたひでこ 

モノでも考えでも、不要なものを捨てる、ということですね。

この不要の基準

いろいろあります。

 

1年使わなければ、というのが断捨離の中の基準だったかと思います。

その中でも使う予定があるならば、おいておくべきです。

でもだいたいのものが1年も使わなければ不要なもの、だと私も思います。

 

1年という基準でやってみると、捨てたもので後悔したものがまずない。
それに、捨てたものが欲しくなったとしたら、買えばいい、と思えるようになったからです。

そう思えるくらいのガラクタが沢山あった・・ということです。

でも今はそんなガラクタをモリモリ捨てることはなくなりました。

 

捨てる作業が モノへの執着を手放させるきっかけになります。
それは、モノを手放すときに、誰もが思うことだと思うのですが、

なんでこんなものを買ったのだろう。
どうして使わないものにお金をかけてしまったのだろう。

そう感じたら、次に何かを買うときの思考は変わると思います。

私の場合は・・・

買い物をするのにすごく慎重になりました。

とにかくいろんな条件が頭の中を駆け巡ります。

本当にこれは使うのか?
他に代用できるものが今家にないのか?
なくても不便しないのでは?
余るくらい沢山あるけれど、
買うとしたらどうするのか?すぐに傷まないか?

                   

ガラクタを捨てられなかっためんどくさがり主婦は
こんな思考を手に入れることができました。

 

 

 離

断・捨 をくりかえせば訪れる世界。

本当にやってきます。

 

執着するものが少なければ少ないほど
いまの暮らしは 自在(思いのまま。邪魔するものがなく思うとおりになる)
に近づいていきます。

 

モノが少なければ、管理も手放せます。
モノが少なければ、散らかったとしても、必要な動きは最小限ですみます。

そして、執着がない暮らしは縛られない暮らし。

 

いつか終いの時がきても美しく発てる。

最終的にはモノは全て手放して逝きます・・・。

モノが少なければ、後々家族への負担も減らすことができます。
40才すぎて、子供達も少しずつ成長すると
私の遺品整理は楽にしていきたい、と思うんですね。

 

とちょっとしんみりとしてしまいましたが、
これは、私の哲学ともなりました。

 

まとめ

 

やましたひでこさんの本を一度借りて読んだり、
いろんな雑誌での記事で学んだ程度ですが
まだまだ繰り返し学んでいきたいと思います。

興味のある方はぜひ書籍にも触れてみてください。

お読みいただきありがとうございます!

 

■図書館で借りたのはこの本です

あわせてどうぞ^^

◆やましたひでこさんの断捨離をBSでみた。“ウチ、断捨離しました”-60代夫婦食器棚編ー
◇洗濯物のたたみ方を❝こんまり式❞から❝やました式❞に変更しました。
◆やましたひでこさんの断捨離の無料メルマガを断捨離したわけ。