【無印良品】ステンレス角形ハンガーを10年以上愛用・メリット・デメリットは?

スポンサーリンク
  無印良品

こんにちは!
あおです。

洗濯は好きな方なんですが
ただ好きなだけで。

効率よく仕事するには
道具がキモなんじゃないの?
と思うようようになり、
道具えらびに慎重になったきっかけがこれだったのかもしれません

 

 

スポンサーリンク

無印良品のオールステンレスハンガーなら買いかえいらず!

%e3%82%80%e3%81%98 出典元:http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4934761000893

いきなり結論ですが
この写真の商品がおすすめです!

この商品にはサイズが2種類あります

・大サイズ

外寸:幅56.5×奥行35.5×高さ26.5cm/重さ:1.02kg
素材  本体・部品ともに18-8ステンレス

ピンチは28個¥3500(税込)

・小サイズ

外寸:幅35.5×奥行28×高さ26.5cm/重さ:0.67kg
素材 本体・部品ともに18-8ステンレス

ピンチは18個¥2500(税込)

あなたの洗濯頻度は?頻度が高いなら質のいい道具をチョイスしたい

SPONSORED LINK

洗濯物って、どのくらいの頻度で干しますか?

 

うちは、4人家族で、ほぼ毎日洗濯は欠かせません。
今日洗わないと明日きるものがナイ!ということもあるので、
毎日洗濯します。

家族の人数が多いと、回数も多いとききます。
毎日のなかでかかせない家事だという方も多いと思います。

 

◆ポイント:毎日の家事だから、道具選びから大切にしたい

わが家は今では必要最低限に近い枚数の衣類なので、
洗わないと着られない、ということもあります。

そんな毎日の家事。

毎日使うとはいえ、
つい洗濯ハンガーを適当に選んでませんか?

 
 

◆壊れたら直して使ってすてるをくりかえしてきた

わが家ではずっとホームセンターでお手頃な値段で買える洗濯ハンガーを使ってきました。
プラスチック製のもので、
ピンチがわれたら100均で買ったものをつける、

このくりかえで、フレームがダメになったら交換してきました。
直して使ってるし、エコやなーなんて思ってました

 

◆メンテナンスや買い替えってじつはめんどうだ

いま思えばこれって
かなり手間だった=めんどうだった
と思うのです。

 

◆無印良品の
ピンチつきの角形オールステンレスハンガーがおすすめ

今使っているこのハンガーは10年以上同じもの。
使いやすさ・耐久性ともに100点満点です!

では今まで買い替えながらつかってきたプラ製の洗濯ハンガーと
10年おなじものを使ってきた無印良品のステンレスハンガーの
“メリット・デメリット”を
書いていきたいと思います。 

 

プラスチック製角形ハンガーのメリット・デメリット

◆プラスチック製の洗濯ハンガーのデメリットは?

・ピンチとピンチがよく絡む

・ピンチが割れたら交換、が面倒(メンテナンスがいる)

・劣化が速いので、買い替えが必要

 

うちは外干しをするので、プラスチック製のピンチはとくに劣化が激しく、
傷んでは交換、というめんどう。

ピンチをひらけば“パキッ”
あぁ・・・

毎日の洗濯にストレスを感じているのがこの道具のせいだ・・・
もう買った時点で、買い替えが決まっているようなものです。

 
 

◆プラスチック製の洗濯ハンガーのメリットは?

[aside type=”boader”] ・スーパーや薬局、ホームセンターで気軽に買える

軽いから使いやすい [/aside]

気軽に購入できるのはいいことです。
値段も安いし、壊れたらすぐなおせる
これがメリットでありデメリットでもあります

SPONSORED LINK

 
 

無印良品のステンレス角形ハンガーのメリット・デメリットは?

◆無印良品オールステンレス角形ハンガーのデメリットは?

 

・ズッシリ

・たまにピンチとピンチが絡みますがこわれることなく外れます

・ピンチもしっかりしているので握力がよわいと使いづらい

・値段がお高め(3500円)値段は現在(2017.9)で3500円

 
 
 

◆無印良品オールステンレス角形ハンガーのメリットは?

ピンチとピンチが絡みにくい

オールステンレスなので、さびないし、壊れない

ほぼメンテナンス不要。壊れないから頻繁に買い替える必要がない

脱水したジーパンも吊れる強度がすごい!

 

10年愛用品を公開・ストレスフリーな理由3つ

10年間使ってきた洗濯ハンガー
更に細かく写真もUPしながら見ていこうと思います!

ほんとうにさびていないかどうか?

◆ オールステンレスなので本当にさびていません!

imag2135_1.jpg

よーく見て見ましたよ!
大丈夫です!
本当にさびていません。

でも、ピンチの上の部分、
わかりづらいですが

こすれて、黒くなっています。

他のところにも同じような、黒くなったところがあります。

でもサビてるわけではありません。

◆強風でも安心!フックにロック!

オールステンレスなうえ、洗濯物を干せばズッシリ。

imag2123_1.jpg

風のない日はこんな感じで
大丈夫です。

しかし、強風の時は
imag2127_1.jpg

 

このようにフックにロック!

ということで・・

とても重い作業着やジーパン
大判バスタオルを
強風の中で乾かす

ということもできます!

あんまり風が強すぎたり脱水が短くて重すぎると
さすがに はずれちゃいますが、
わりとしっかりはさんでくれます。

なので、安心感もありますよ!

 

◆ピンチがはずれたままでも使えるくらい“丈夫”

imag2132_1.jpg

写真をとるために、
普段はよくみないハンガーをよくみたら

いくつかこのピンチのように片方はずれたままのものがあり

さすがに恥ずかしい!
となおしましたが

ピンチと本体はU字クリップのようなクリップで簡単に
戻せます。

 

メンテナンスは、これくらいです。

(これくらい、といいつつほったらかしでしたが汗)

SPONSORED LINK

          

 

まとめ:毎日の家事だからストレスフリーなオールステンレス角型ハンガーがいい!

imag2140_1.jpg

たぶん、この後も
買い替える必要もなさそう

買うときに、洗濯ハンガーに3,500円?!
と思いましたが

たまにピンチがからむことがあっても
こわれることなく
ほぼストレスフリーで洗濯できています。

ピンチの交換というメンテもなくなったし
なにより買い替える必要なくつかえているので
時間やお金の節約にもつながっています。

3500円でほぼストレスフリー洗濯を10年できた
これってすごいことですよね。
3500円を出す価値はありました!!

毎日の家事だからこそ
いい道具を選べば、ストレスなく、メンテナンスもなく
効率よく時短家事ができます。

 

お読みいただきありがとうございます!

こちらから購入できます 

 オールステンレス角型ハンガー・大 1000893 無印良品