【無印良品】ステンレス角形ハンガー10年以上愛用中メリット・デメリットは?

  無印良品
スポンサーリンク

効率よく家事するには
道具がキモ

道具えらびに慎重に!

コワレナイ
サビナイ
10年以上愛用しているステンレスハンガーなら買い換えの手間はいりません
つかってみてメリット・デメリットがあるので
お伝えしていきます!
買おうは迷っている人
洗濯ハンガーどれがいいか決めかねている人
読んでいいってくださいね

スポンサーリンク

無印良品のオールステンレスハンガーなら買いかえナシ!

%e3%82%80%e3%81%98 出典元:http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4934761000893

いきなり結論ですが
この写真のハンガーがおすすめ↑

この商品にはサイズが2種類あります

・大サイズ

外寸:幅56.5×奥行35.5×高さ26.5cm/重さ:1.02kg
素材  本体・部品ともに18-8ステンレス

ピンチ28個¥3500(税込)

・小サイズ

外寸:幅35.5×奥行28×高さ26.5cm/重さ:0.67kg
素材 本体・部品ともに18-8ステンレス

ピンチ18個¥2500(税込)

質のいい道具をチョイスしていこう

洗濯物って、どのくらいの頻度で干しますか?

家族の人数が多いと、回数も多くなりますね。
1人ならまとめ洗いの人もいるでしょう
ところで

洗濯ハンガー,

適当に選んでませんか?

この次に書いたのですが道具を適当に選んでしまうと
何度もメンテナンス(こわれやすい)しないといけない
買い替えないといけない、ということになってしまいます

なので
家事につかう道具選びは実はとても大事です!

 

◆無印良品の ピンチつきの角形オールステンレスハンガー

今使っているこのハンガーは10年以上つかってます。
使いやすさ・耐久性ともに満点です!

無印良品のステンレス角形ハンガーのメリット・デメリット?

◆無印良品オールステンレス角形ハンガーのデメリットは?

・ズッシリ重い

・ピンチもしっかりしているので握力がよわいと使いづらい

・値段がお高め(3500円)値段は現在(2017.9)で3500円

◆無印良品オールステンレス角形ハンガーのメリットは?

ピンチとピンチが絡みにくい

オールステンレスなので、さびないし、壊れない

ほぼメンテナンス不要。壊れないから頻繁に買い替える必要がない

脱水したジーパンも吊れる強度がすごい!

ストレスフリーな理由3つ

10年間使ってきた洗濯ハンガー

ほんとうにさびていないかどうか?

◆ オールステンレスなので本当にさびていません!

よーく見て見ました!
大丈夫です!
さびていません。

でも、ピンチの上の部分、
こすれて、黒くなっています。

他のところにも同じような、黒くなったところがあります。
でもサビてるわけではありません。

◆強風でも安心!フックにロック!

オールステンレスなうえ、洗濯物を干せばズッシリ。

風のない日は
大丈夫です。

しかし、強風の時は
フックにロック!

ということで・・

作業着やジーパン
大判バスタオルを
強風の中で乾かす

ということもできます!

あんまり風が強すぎたり脱水が短くて重すぎると
さすがに はずれちゃいますが、
わりとしっかりはさんでくれます。

なので、安心感あります!

◆ピンチがはずれたままでも使えるくらい“丈夫”

ピンチと本体はU字クリップのようなクリップで簡単に
戻せます。メンテナンスは、これくらいです。

       

まとめ:毎日の家事だからストレスフリーなオールステンレス角型ハンガーがいい!

プラ製のときのピンチの交換というメンテもなくなったし
なにより買い替える必要なく使えているので
時間やお金の節約にもつながっています。

3500円でほぼストレスフリー洗濯を10年できている、

3500円を出す価値のある優秀な家事道具です

毎日の家事だからこそ
いい道具を選べば、ストレスなく、メンテナンスもなく
効率よく家事ラクしましょう!

 

お読みいただきありがとうございます!

こちらから購入できます

 オールステンレス角型ハンガー・大 1000893 無印良品

タイトルとURLをコピーしました