MUJIの落ちワタふきんが安心?このふきんも10年愛用中。

スポンサーリンク
  無印良品

 

キッチンではフキンがないと台所仕事がまわらない

フキンは常に少し多めに持つといい。

いろんな本でよくみかけてきました。

なので、多めにもつようにしたら、台所仕事がスムーズに回り始めました

スポンサーリンク

 ふきんは何枚あってもいい

食器ふきに2枚

厚手ではないし、水の吸収力にも限界があるので、

食器ふきに使うならば2枚あると安心。

ある程度使い続けると、ベタベタになってしまい
食器を拭く仕事ができなくなります。

衛生的にも交換するほうがいいです。

 

キッチン、ガス代まわりの掃除用に2枚

SPONSORED LINK

こちらでも紹介しました
(公開して間もないのですが沢山みていただきありがとうございます!)

キッチン汚れ、たった2枚の台ふきだけでいつでもピカピカをキープできる方法は?

この2枚は水回りと火の周りに1まいずつ、お掃除用にスタンバイ。

 

調理用に1枚

これは調理中に使いたいとき用です。まな板や包丁をふきます。

 

食卓用に1枚

こちらは替えることなく夜に消毒して毎日使っています。

 

 

ということで、1日にだいたい6枚くらいをつかいます

そしてこれを、ローテーションで使います。なので全部で10枚が必要です。

 

いろんなフキンを試してきたのですが
いまから紹介するフキンがおすすめです。

 

このフキンも 使いはじめて10年。

             
と、このいいえ方だと、同じフキン数枚を
10年間ずーーっと使い続けているという風に聞こえてしまいますが
このMUJIのフキンばかりを10年間使い続けているということです。

でも、この同じフキン数枚をずーーーっと、という表現、
これに近い感じです。というのは

 

とにかく丈夫!なので持ちがいい

真っ白ではない優しいキナリ色がかわいい

 

丈夫で長持ちだから、買い替えの回数が少ないのと
キナリ色が気に行っているので買い替え回数は少ないです。

はじめに上の無地のみを買いました。
その時はいろんなものを白で統一したくて、迷わず選びました。

同じサイズのふきんをストックしておくと
揃うので、見た目もシンプルで気にいっています。

まとめ

MUJIの落ちワタふきんが、ふきんとして大活躍!
というお話でした。
お読みいただきありがとうございます!