【ミニマリスト】重曹でおそうじアイテムは減らせる?

スポンサーリンク
お掃除 

こんにちは!

めんどうな家事を楽しもう!あおです。

前回のブログ

【保存版】重曹ってなぜエコなの?

重曹はエコだ、ということがわかりました。
こちらがまだの方は、ぜひ合わせてお読みください!

さて、その重曹を生活にとりいれると
なにか変わるの?重曹があればきれいになるの?というお話です。

スポンサーリンク

そうじが、かわる。

 

□今までの掃除

お家の中のそれぞれ用の合成洗剤で、にっくきれ汚れを取り除きながらのくらし。

 

■重曹のある生活での掃除

汚れ=私たちが活動しているあかし。
その汚れを引き受けているのがお家。
弱ってきた、汚れた部分をいたわる、ケアする・・・そんな気持ちになれる

早めにケアをすれば、悪化させないで、軽いうちに治せる

 

お家の中の汚れを、はやいうちにケアしておこう!

ということですね

 

汚れは、憎い相手ではありません。
私たちが生活・・生きていく上で、私たちが生み出している。

という風に見方をかえること、
そして、汚れや痛みをケアする、となった時に、

最終的にかえっていく自然に対して

きつい合成洗剤を使うのか?それともやさしい素材を使うのか?
とうことです。

 

 

掃除道具(洗剤)が、ミニマムに。

SPONSORED LINK



重曹と、重曹と一緒に働くナチュラルな材料だけでOK!

 

汚れがたまりりにくくなる

例えば、キッチンでコップを洗う場合なら

 

■重曹でコップの汚れをおとし、
排水口の中もキレイにしながら、ゆくゆくは海に戻る■

重曹は 私たちと地球の真ん中で中和の役目をしてくれます。

 

そして、重曹を使ったそうじは、
合成洗剤での掃除のように、ゴシゴシする必要がなく、
置いておくとキレイになる、楽ちんおそうじも多いのも嬉しいところです。

日頃から重曹を使うと汚れがたまりにくくなります。

 

重曹だけでもきれいになりますが・・・

重曹以外の自然素材をあわせることで、落ちない汚れが落ちます。

タイルの1つ1つが自然の素材です。
重曹とその他の自然素材で、自然にやさしいおそうじ!

 重曹生活・素タイル素タイル2

 

ビネガー:仕上げのリンス・水あか汚れや黄ばみおとしの準備

石鹸:大きなよごれを包み込み浮かしてくれる。
リンスでゆすげば肌や布の上でうるおいに変身する

この“重曹・ビネガー(酢)・石鹸”のまずはこの3つでお掃除を。

 

 

なれてきたら・・・

ハーブ:雑菌やばい菌を殺したり、心身の癒しとして働いてくれる。

アルコール:エタノール、グリセリンなど、殺菌や汚れ落とし

酸素系漂白剤:重曹にできない活性酸素の力で雑菌やカビ、シミよごれを殺菌漂白

その他:クレイ・炭・塩・にがりなど

 

まとめ

自然素材を使ったそうじは
エコなのはもちろん、小さいお子さんがいらっしゃるおうちでも
安心して使える素材です。

アイテム数をへらしたいミニマリストさんにも
重曹はおすすめ。

 

少しずつ、できるところからはじめてみませんか?

 

お読みいただきありがとうございます!

コメント