【ミニマム・断捨離】いただきものが“いらない”もの、どうしますか?

ミニマリスト*断捨離
スポンサーリンク

        
卒業、転勤、引っ越しなど。
お別れの季節。

お別れの際に
なにかしらいただきものをすることがあると思います。
その時に頂いたものが苦手なものや、不要なものだったらどうしますか?

このいただきものがいらないときについて考えてみることにします。

SPONSORED LINK

使わないから手放して大丈夫だよ!

個人的にこう考えます。

これは、私のために時間をさいて選んでくださったんだ、ありがとう!

この気持ちをいただいておいて
あとは手放してしまっていいと思います。

 

苦手なものは、頂いたものであっても、ヤッパリ苦手。

無理に克服することもないし
(もしかしたらいい機会になるかもしれないけれど)
嫌な気持ちでそのいただきものに向き合うことの方が、
モノに対して申し訳なく思うんですよね。

それならば
手放しても大丈夫だと思います。

 

花束をもらった。

お花は生き物。

いただいた時には華やか。
しかし時間がたてば枯れていきます。

 

ですので、お別れにいただくにはぴったりだなと
個人的には思います。

 

枯れた時が捨て時。
これがあるから、捨てられます。

 

花束をもらって、頂いだ時は喜んだけれど
そういえば家には花瓶がない・・とがっかりしてませんか?

大丈夫です!おうちにあるもので
ミニマムにお部屋を飾ることができます。

 

突然花束をもらっても大丈夫!花瓶のかわりにこんな方法で簡単に飾れます

 

 

苦手な食べ物をいただいた

SPONSORED LINK

             
どなたかにお譲りしたり
食品リサイクルショップ
フードバンクへの寄付をしてみては?

いただいた方からの気持ちは
あなたに、渡された時点で気持ちは伝わっていますよね。

それが、たまたま苦手な食べ物、という形でいただいのならば
手放してももいいんじゃないかと思います。

 

嫌だな、と思いながら消費するくらいならば
必要な誰かに喜んでもらう方が嬉しくないですか?

 

寄付はこんなふうにいろんな場所でおこなわれています。

個人として寄付される方

個人の方からの食料品のご寄付も受け付けております。特に以下のような食料品を必要としています。

個人として寄付される方

  • ★缶詰 特に野菜や魚の缶詰はとても喜ばれます
  • フリーズドライ食品
  • インスタント食品、レトルト食品
  • ギフトパック(お歳暮、お中元等、贈答品の余剰等)
  • 調味料各種
  • 飲料(ジュース、コーヒー、紅茶等)
  • お米、パスタ

●賞味期限の記載のない食品は受け付けておりません(お米は除く)
●賞味期限切れの食品や、包装が破損している食品は受け付けておりません
●冷凍・冷蔵品のご寄贈をお考えの場合は事前にご連絡ください
●大変恐れ入りますが、送料は送り主様でのご負担でお願いしております

(着払い発送の場合は受け取りをお断りさせていただいております)

 

ご寄付いただける場合は、こちらまで、宅配便等でお送りください。
(土日祝の着は、恐れ入りますがご遠慮下さい。月曜日〜金曜日までのいずれかに着くようにお願いします)

セカンドハーベスト・ジャパン宛
住所:〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-5-1水田ビル1F
電話:03-5822-5371
出典:セカンドハーベストジャパン・食べ物の寄付

 

 

好みではない雑貨や洋服をいただいた

これも、好みでないものは手放してもいいでしょう。

タンスの肥やしになるより
必要な方に使ってもらえるほうがいいですよね。

どなたかに譲ったり、
リサイクルショップやメルカリなどで手放してもいいと思います。

もしもできないなら
感謝をしてすてたり、すこしだけ楽しんですてる選択もアリだと思います。

SPONSORED LINK

 

まとめ:私の経験から

私も以前
引っ越しの時にお友達から大きなお皿をいただいたことがあります。

 

もちろん、とても嬉しかったのですが、
大皿を使う習慣がなく
逆に大皿を使うことにチャレンジできたり、良かった面もありました。

 

その頃はいろんなお皿を沢山重ねて収納していたので使い勝手が悪く、
かたづけるときにストレスを感じてしまっていたので、だんだんと使わなくなっていき、

ただ食器棚に収納されているだけになりました。

 

1枚が大変重く、収納方法をかえても使わない。
でもいただいたものを捨てるなんて・・
と思っていましたが

 

気持ちだけいただき、
感謝して手放す。

 

これを実行しました。
ですので後ろめたさや罪悪感はありません。

私たち家族のために、
お友達同士で時間を作って、あれこれ迷いながら選んでくださった。

そのことを想像できるし、
今もそんな風に思ってもらえて嬉しかった!という気持ちは、
お皿を手放しても心の引き出しの中にあって、

ふと思い出したりもします。

お皿を手放してもきちんと気持ちはいただいています。

こうやってブログに残せているので
よむとお皿とお友達を思い出します^^

 

いただきものを手放しても
気持ちはきちんといただいている。

こうして手放せればあなたにとっても、
いただいたお相手にとっても
お互いが気持ちよく解放されるのでは無いか
と思っています。

いただきものでお悩みの方の参考になれば幸いです。

お読みいただきありがとうございます!

こちらもあわせてどうぞ^^
【ミニマリスト・断捨離】こども服のおさがりっていやがられてるかも!?

【断捨離・ミニマム】そのノベルティ食器は本当に気にいってますか?

コメント