【洗面所】アナログ水栓タイプの場合、これするだけでお掃除がラクになる!

そうじ
スポンサーリンク

こんにちは!

めんどうな家事をどんどん楽しくしたい、あおです。

今回
楽ちんになったので
紹介するのはアナログ水栓タイプの洗面所の管理です。

この洗面の水栓ってめんどうですよね。
今までぶらんとなった栓を
イチイチあげて掃除してたけど

ぶらんとなった栓を固定するだけでお掃除がめっちゃ楽ちんになりました^^

スポンサーリンク

使ったのは100円ショップの コードを留めるパーツ 2つだけ

吸盤フックにするか、迷ったのですが
吸盤フックだと落ちてきたらまた直さないといけないのも
めんどうだなと思い
思い切って粘着テープのついている
コードを留めるフックにしました。

掃除をするたびに、使っていたメラミンスポンジは
洗面器下の棚にしまうか、
蛇口付近にそっと置いて同じものを使い続けていたのですが、

置きっぱなしだと、見た目があまりよくないです。

そこで思い切って、1日で捨てることにしました。

ダイソーにいくと、3cmくらいの立方体にきってあるメラミンスポンジが
30こ入ったものがあります。

なので、これを1日1個つかって

1か月で全部使いきる作戦に変更することにしました。

洗面器をあさイチバンに磨いたら、それをそのまま

・キッチン

・トイレ

・おふろ

のどこかに移動させて掃除をして、夜には処分。

これなら、ピカピカの場所がぐんと増えるだろうし
消耗品は消耗させてなんぼ!長持ちさせなくてもいい!と最近気がついたので
1個のメラミンスポンジを1日でどこまで小さくして捨てられるのか?

これを楽しみながらやってみたいと思います♪

まとめ

洗面所のぶらんとした栓は固定するだけでそうじのしやすさが全然違います

消耗品もくりかえして大事に使ってきました。
でも、
その消耗品を衛生的に保管しておくことって
実は手間がかかると思います。

モノを大切にする気持ちは大切だけど
時にはこんな風にわりきって
消耗品だから!と捨ててしまうのも1つの方法だなと思います。

そして、そうじも、手をかければ、回数がふえれば
自分が簡単に掃除をすることを考えたり調べたりするようになりました。

掃除の方法もどんどんとアップデートしていって
いつでもキレイ、
掃除がたのしい!

そんな環境にしていきたいと思います。

お読みいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました