効用盛りだくさん!1年中使いたい、新しょうが作り置きレシピ!!

スポンサーリンク
あれこれ

 

から揚げなどの縁の下の力持ち的な下味としてすりおろす生姜

たこ焼きにいれる紅しょうが。

 

紅しょうが。買えば大体100円前後しますね。
急にしょうがを使いたくなったり。
そんなとき、わざわざ買いに行ったりすることはありませんか?

 

少しだけでいいのに
わざわざ買いにいくのは。。めんどう。。

 

 

初夏から秋にかけて野菜売場には 新しょうが が売っています

 

 

まずはなんとなく知っているしょうがについて。
しょうがってどんな風に体にいいのかを調べてみました。

 

 

 

 

こんなにもある効用!

    [aside type=”boader”]

    •  血流改善  →むくみ・肩こりの改善 疲労回復 夏バテ防止
    •  吐き気止め
    •  発汗作用
    •  消化促進
    •  解熱作用
    •  殺菌作用
    •  抗酸化作用
    •  消臭作用
    •  便秘解消
    •  抗炎症作用
    •  うつ

    [/aside]

サンワ食研 温効生姜オンラインショップ

生姜商品専門店サンワ食研より抜粋、一部まとめました

 

 

 

こうやって箇条書きになるくらい効果があるのは知りませんでした!

血の巡りが良くなるくらいしか。

 

さらにくわしく見てみます。

 

 

 

 

ーしょうがの三大成分!!

しょうが独自の成分が、わたしたちを元気にしてくれます。

 

ーショウガオールー

身体ぽかぽか。夏の冷房対策、新陳代謝、発汗作用をうながす成分です。血の巡りがよくなるので、うえの効果にもかきましたが肩こりなどにも効果があります。

 

ー香り成分 シネオールー

食欲増進!!なので夏バテや疲労回復を予防してくれるようです。

 

ー辛味成分 ジンゲロールー

強い殺菌力があり、食中毒防止につながります。

お寿司のにぎりに添えるガリは、この効果を狙ってますね。

 

これをふまえて・・・

知っておきたい調理方法での効用

  • ジンゲロールなど、生姜独自のありがたい成分は 皮の近くに集まっているので軽く洗ってそのまま使うか、スプーンで薄く皮をそいで使うといい。
  • 辛味成分ジンゲロールは、加熱すると、ぽかぽか成分のショウガオール変わる。生でとると白血球が増えて免疫力があがる。
  • 辛味成分ジンゲロールは酸化しやすい

おろし>みじん切り>千切り>スライス

←酸化しやすい    酸化しにくい→

 

ということで、わたしは、ジンゲロールは酸化しやすい、これをしりませんでした。
冷ややっこにのせるのも、食べる直前におろすのがいいんですね。

 

 

 

しょうがはどんどん取り入れていきたい食品ですね。

 

 

 

 

 

この時期を逃すものか!!新生姜作り置きレシピ!!

年中お世話になっているしょうがさんは普段は下味用の薬味や、生姜紅茶、ジンジャーケーキに使うくらいですが

初夏のはじめから8月くらいまでしか出回らない、

白×うすピンクの新生姜!!

めんどくさがりの私ですが、ここ2年くらいでこのレシピに出逢い、夏も風邪のシーズンも乗り切っています!

 

新生姜の甘酢漬け

新生姜のあのやさしいピンクは、この時期の新生姜だからこそ

のピンクだったと、作るときにはじめて知りました。

作ってみてピンク色になるのが楽しいです。

保存もきくのがありがたい!!

 

 

新生姜の甘辛煮

朝のおにぎりに、お弁当に、大活躍です!!

あまからピリ!が、やみつきです。

お酒のつまみにも!

ゆでるときに漂うしょうがの湯気、これもすごいパワーをひめ

ていそうです(笑)

顔を近づけてはむせる私です。

 

 

ジンジャーエールも手作り!

 

簡単につくれる自家製ジンジャーエール!がんばったあとの

手作りジンジャーエールは体にしみわたるように美味しい!!

ウイルキンソンのジンジャーエールのように、しっかり生姜味

がお好きなら、ぜひ手作りで!

スパイスを足したり、甘味をはちみつにしたりして、今年はバ

リエーションを増やしたいです。

 

もし新しょうがを使ってみたことがなかったら

ぜひ一度、やってみてください!

我が家の最新定番レシピ3つでした。

 

読んでいただきありがとうございます!

コメント