【そうじ習慣化】1月の換気扇・排水口そうじ完了・シロッコファンがとれない時は?

スポンサーリンク
定期的プチ大掃除

こんにちは。あおです。

昨日はバイトに出かける前に
換気扇・排水口そうじを途中までしていき
バイトから帰宅後におわらせました。

昨年1年をとおしてだいたいできたので
今年も習慣化をめざします^^

どこをどんな風に?
そして習慣化できつつあることでのメリットをかいていきます。

SPONSORED LINK

スポンサーリンク

出入り口はきれいにすると運気もあがる

出入り口がきれいになると
運気があがります。
こう言うところが汚れていると
健康にも影響ある、とたびたび見かけます。
出入り口が汚れると、菌が繁殖して影響がある、というイメージがあります。

出入り口、というと玄関や窓、というかんじですが

排水口や換気扇も外と内のつなぎめです。

外の世界とうちの世界のつなぎめをきれいにすることを意識するようになりました。
これで、運気もみんなの元気もキープです^^

 

燃えるゴミの日にフィルターを捨てる

キッチンフィルター

キッチンにもう1か所換気窓のフィルター

お風呂・洗面所換気窓

トイレ

エアコン2機

に、市販のフィルターが貼ってあります。
これを全部処分して張り替えるだけ。
燃えるゴミの日の朝に交換が定着。

エアコンの空気の取り込み口(本体の上のところ)
にはってあるフィルターは
昨年エアコン掃除をしてもらった時から初めての交換でしたが
よく汚れる洗面所と同じくらいよごれていました
[kanren postid=”5998″]
まだ最近掃除したばっかりの気分でいましたが
もう4か月もたってますね。
もう少し早いタイミングで交換するべきでした。

そして、排水口

キッチン

おふろ

洗濯機

この3か所にパイプユニッシュを投入。

洗濯機は月1でしかしていないので
忘れないように^^;

3か所とも流しいれたら30分タイマーをかけておき
そのあいだに換気扇フィルタ―交換をしています

 

ハプニング発生“シロッコファンがとれない!!”

週1で揚げ物をつくるので
とくにキッチンの換気扇周りがよごれやすいわが家。

昨年だいたい月1くらいでシロッコファンをとりはずして掃除をするようにしてきたら
年末の大掃除も楽チンでした^^

年末の大掃除、というより
年末にするいつものそうじ、でした。

今年もまたこの感じでいきたい!
ということで
シロッコファンの部品をとりはずして本体をとりだそうとしたんですが

 

・・とれない

さっさとやるつもりが取り外しに30分もかかってしまいました!
このままとれなかったら・・と青ざめながら力をこめても取れない
最後には取れたからよかったです

考えられる原因

1.汚れがきちんと落ちていなかった
2.きちんと乾く前にとりつけた

だと思います

取り外すためにやってみたこと

食器用洗剤を接続部分にかけてみる→濃縮洗剤ではないタイプだったからか、これだけではとれなかったのかも

556スプレーをかけてみる→2回かけて前後に動かしてみた

 

途中説明書を出してきてよんでみたりしたのですが
FAQはなくて、洗剤をつけてはシロッコファンをおしたりひっぱったり
程度でした^^:

ガチャッとれたときにはほっとしました。

そしてほったらかしていた排水口のパイプユニッシュを
お風呂の残り水であわてて流しました^^;

まさかのハプニングで朝から疲れました。

 

バイトに出勤する直前までやっていたので
洗って自然乾燥させておきました。

帰宅後、シロッコファンをとりつけて
キッチンフィルターをとりつけて完了^^

SPONSORED LINK

 

まとめ:洗ったあとはしっかり乾燥を

実はいままで乾燥をしっかりさせないで取り付けてきました。
さっと拭いたらとりつけてました。

洗ったらほっておくのがいやで。
(置いておくとやる気がなくなっておっくうになるので^^;)

 

ですがしっかり乾燥させてから取り付けることにします。

 

習慣化でのメリット

排水口やフィルターの交換など
定期的にすることが以前は面倒でしたが
いまは“汚れがたまってガンコになるほうがめんどう”
という意識に変わっていきました。

汚れは時間がたつほどガンコになっていくし
汚れがどんどん積もっていくことでもとれにくくなります。

なので定期的そうじするほうが
簡単にとれます。

かかる時間もゴシゴシする力もすくなくてすむほうがいいですよね

どうしてもまめにするのが難しい、とか
とにかく揚げ物の回数が多い人はこの方法もおしらせしたいです
レンジフード・換気扇の掃除 が劇的に楽になる方法!

お読みいただきありがとうございます!

こちらもあわせてどうぞ^^

コメント