時間がなくてもそうじができてしまう 習慣はすごい

すてる・かたづける・ゆるミニマリズム
スポンサーリンク

めんどくさがり主婦のあお@kulaslakです

 

10月くらいから
平日はフルタイム出勤の人と変わらないくらい
おうちをあけることが増えました。

 

朝7時すぎに家をでて
夕方4時半以降に帰宅する。

 

こうなると
いままでの掃除を
いままでどおりやるのは難しい。

臨機応変に・・・なんて昔できなかったのは
そうじをする習慣がなかったから。

いまでは床のほこりが気になったら
帰宅した足で
そのまま掃除機をかけられるわたしになれた2018年冬。(笑)
習慣は裏切らないぞ♪

 

スポンサーリンク

時間がなくてもそうじがすぐできる:コードレス掃除機のおかげ

もっと早くから使いたかった、と思う。
【マキタ掃除機口コミ・レビュー】:めんどうな掃除が“楽しく”なる掃除機

マキタコードレス掃除機なら掃除の習慣がつきやすい

1アクションで掃除がスタートできます。
ひとふでがきみたいにささっと掃除をすれば

 

そうじ機のトリガーをひくだけ。

 

バッテリーさえちゃんと充電しておけば
ささっとそうじができてしまう。

 

マメにやる、という感覚ではなくて
気が付いたら吸い込むだけだから

ほこりがたまりにくいおうちになったよ。

 

時間がなくてもそうじがすぐできる:床のものが少ない

そうじもかたづけもニガテ・めんどう
そんな時に意識したのが

床にモノをおかないこと。
あわせてリビングのテーブルの上リセット。

 

床にモノがあると まずかたづけてからしか掃除できません。
モノをよけながらそうじするのって
ちょっとイライラしたり。。
床にマット類があっても、マットをめくって掃除するってめんどう。

 

 

マットは1コなくしてみたら
なくても良さそう、って思って
マット類もいくつかすてました。
【ミニマリスト】あたりまえの“玄関マットをやめる“と掃除がラクになる

【ミニマリスト】キッチンマットは いる?いらない?

【ミニマリスト】トイレのマットをすてたら掃除が続いてます

家具もできる範囲で減らしたり
片づけやすい小物をえらんだり
フロアクッション(座布団(笑))もつるせるタイプにしたり
【ミニマリスト・シンプル】おしゃれ×機能的フロアクッションがあった!二トリで買えます♪

 

モノが床にないから
そうじする前に“かたづけ”をしなくていい=
いつでもそうじができる

これは最強やー!

 

そうじを自分の手で(家族の手で)することで運気UP

ここからは気持ちの問題、みたいなところがあるけど
お掃除ロボットにお仕事してもらえたらそれはもちろんラクちんなんだけど
やっぱりここは家族の手でやることで
“すんでる人の気”がおうちに広がると思うのです。

 

マーキング、みたいな。
おうちがなじむ、というか。

そしておうちもよろこんでくれて
わたしたちも、ここに住んでいる当たり前に感謝できる
そんな時間だったりもします。

おうちが喜ぶ、についてはこの本で知りました。

 

“習慣”のトリセツ

 

この本のレビュー記事

『ぼくたちは習慣でできている』は“習慣のトリセツ”?
あおです。

著者でミニマリストの佐々木さんにレビュー記事にコメントいただきました!

【7/5更新】ぼくたちは習慣で、できている。 レビューまとめ 佐々木典士
  「ぼくたちは習慣で、できている。」見本誌を事前にお渡しする、レビューキャンペーンを行ったこともあ…

まとめ:ものがすくないとそうじしやすい

やっぱり

モノが少ないと
そうじもしやすいし
ちらかりにくいし
散らかってもすぐにもとどおりにできるってことですね。

モノが多くて
いつもテーブルや床にものが散らばっていた頃は
そうじにかかるまでの時間がすんごくかかってたもん。

 

これがなくなったら
そうじが習慣になった!

 

いそがしくても
お掃除ロボットなくても
お部屋はきれいにできます^^

お読みいただきありがとうございます。

あわせてどうぞ
【セリア】アルディナほうきは、そうじしたいところにおけるからいい。

【そうじ】吸ってーー!ふいてーー!たく!?

42才ゆるミニマリストが断捨離してよかったもの5コ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました