ミニマリズムで感じる文房具とのしあわせな関係

ゆるミニマリズム
スポンサーリンク

こんにちは

モノを必要最低限で使う
という意識をしはじめて
だいすきな文房具類も、必要最低限を意識してます。

あるだけでニヤニヤできる。
見ているだけでニヤニヤできる文房具。(わたしの場合)

文房具いれに
文房具がきゅうきゅうに入っていた頃がありました。

でもその時にはなかった、
でもいまはちょいちょいおとずれる
少ないからこそ訪れる しあわせな瞬間 があります。

スポンサーリンク

使いきる マスキングテープは2本だけ、使う

“使いきれる量だけをつかう”
これをはじめたら、しあわせな瞬間が増えました。

みてるだけでもニヤニヤできるけど(わたしの場合)
『あ!もうこれでなくなる!!』
っていうとき、うれしくなります。

好きだから、つい、持ちすぎてしまう

マスキングテープも多いときには4つとか5つとか
おうちの文具コーナーにおいてありました。

お店で
旅先で
買ったものがすこしずつ増えていきました。

これでは文具コーナーもごたごたしてしまい
使いにくくなる。

モノが増えたなら収納をふやせばいいのでは?

100円ショップにいけば
マステ収納ケースも手に入るけど・・
収納グッズ自体をできるだけ増やさない
増やしてしまうと

きっちり入るまで
つめ込みたくなるからです。
収納グッズを買う前に
本当にいるか?
いつも考えるようにしています。

それで、2本にしようと思いました。

 

マスキングテープの“もちかた”ルール

マスキングテープのもちかた

・1本は 事務的な、なんにでも使えるシンプルなもの
・1本は 旅先でゲットしたもの。

と、決めました。

わが家での旅先のお土産はもっぱら実用品です
飾りなんかは買わなくなりました。
ミニマリストの旅先おみやげの選び方は? 石垣島編

お土産のマスキングテープがなくなって
柄ものがほしくなれば旅先で買い足したものを出してくる。

という風にしています。

まさか、
マスキングテープにルールをつくるとは
思ってもいなかったけど
好きだからと言って
すきなだけ増やすのは
モノがどんどん増えてしまって
使えずにしまっておくのはもったいないと思います。

文房具は腐らないけど
やっぱり賞味期限みたいなものがあると思います。

欲しくて買ったらなるべく早めにつかえるように!
2本をつかいまわす。
このほうが楽しく使えると思うんです。

実用品はつかってなんぼ とおもふ

マスキングテープを使いきってあげることが
マスキングテープだってうれしいハズ。

大好きな文房具も
使いきってなんぼのもんや!と思うようになったので、
どの文房具も

使いきれる分だけもつようにしてます。

文房具のストックでもっているものといえば
・セロハンテープ1つ

です。
これも、もうすぐなくなるかも、というタイミングだったり
1つ売りがなくて2つ売りで買ったために
1つがストックでずっと残っているような。

ストック邪魔だからほんとは1つでいいんだけど・・・。

あとは家族が個人でつかう、フリクションのボールペンなど
お気に入りでインクがすぐなくなるものがあれば
ストックを1つだけ買うようにすすめています。

そういうものは学校や職場で使う物がほとんどなので
すぐ使えるようにしておきたいと思っています。

大好きな文房具だからこそ
コレクション的なあつかいよりも
使いきれるだけにしたいと思います。

まとめ:文房具をつかいきるしあわせ

ミニマリズムという考え方が
習慣になって

文房具も買う前に、
おうちに招く前にまず考えます。

これは使いきれるのか?

モノを使いきるということは
モノを最後まで大切にできたことになると思ってます。

無駄に買わない。
必要な分だけ。
必要な分しかないから、きちんともとに戻してまた使えるようにする。
それが節約にもつながっていきます。

そしてそのモノ作りに携わったすべてのこと・もの・ひとへの
リスペクトにもつながっていくと、
そんな風にも思います。

お金を払えばいつでも手に入るけれど
使いきるところがゴール。

ミニマリズムって奥が深い。
そして生活になじむほど
しあわせをかんじることができます。

お読みいただきありがとうございます。

白がやっぱりいい↓

モノをもつ基準は「いまココ」
ここのところの持ち物の見直しで思ったことがあります。
https://www.siawase-sakusen8.net/dansyari-guruming-8086/
https://www.siawase-sakusen8.net/uniqlo-dansyari-7581

コメント

タイトルとURLをコピーしました