【掃除モチベーション】このほうきを愛用して4年目です。掃除を習慣化できるアイテム

お掃除 
スポンサーリンク

 

こんにちは!
めんどうな家事を楽しもう!あおです。

ちっとも掃除をする習慣がなくて
どうしたら掃除できるようになるのか 模索中のときのこと。

 

以前から気になっていた商店街に散策に行ったときに入った

 

“金物屋さん”

 

昔からのたたずまいがそのまま。

 

商品も年月を感じるものが多いのですが
職人さんが、ちょこちょこ買い物にきていました。

 

わたしは、昔ながらの金物の質や形が大好きで、
もし、買うとしたら何を買う?なんて思いながら見ていたときに
昔ながらの柄の長いほうきが ぶら下がっていました。

ほうきとの出会いは金物屋さん

昔ながらのそのほうきは、持ち手が長いので
掃除がしやすいだろうなと思いました。
先ほども言いましたが、昔ながらの・・・【レトロ】に魅かれるので
このほうきも見た目からもすぐに欲しくなりました。

 

自宅にあるプラスチックのほうきは
チリトリとりとセットでなってて収納ができたので、使いやすく
気にいっていましたが
ー持ち手は短いし、腰をまげないと はけない。ほうきの間からゴミがぬけていく。

 

これだと掃除に時間がかかるなあ と思いながらも使っていたので、
買い替えるかどうか 今回は買わずに保留にして考えることにしました。

 

 

ほうきの名前がわからなかったので、調べてから購入

名前があったはずだけど思い出せない・・・。
ということで、帰宅してからネットで調べたら名前がでてきました

 

棕櫚(シュロ)ぼうき

椰子でできたほうきなんですね。
畳もこれで掃ける、とあります。

 

昔からの掃除道具で、
すでに感動した道具“亀の子だわし”に絶大な信頼を寄せていたので

説明を読んで、これも間違いなくいい仕事をしてくれる道具だと思い
金物屋さんに買いにいくことにしました。

 

 

この棕櫚ぼうきといっしょに、
目をつけてあったブリキのバケツも

あわせて買いました。

 

このバケツが面白くて天秤にして肩からかける用のバケツで
持ち手は棒がかかるような形になっています。

 

使いにくいかな、と思いましたが、
形や少し小ぶりの大きさも気に入っていたので買いました。

 

 

ないと困る!今では大切なお気に入り掃除アイテム。

買い替えるまえから、昔から使われていることと、見た目が気に入っていたので
そうじがしたくなるキッカケになりました。

 

気に入った道具が 習慣づくりを手伝ってくれる
と、本やブログにかかれていたからです。

 

このほうきとバケツが、私の掃除習慣に結びつくと思いました。

 

 

シュロぼうきにしかできないコト

SPONSORED LINK



私が実際使っていて
これ、シュロぼうきだからできるよね、ということがあります。
いいところも混ざってます。

 

・持ち手が長いほうきは、とても使いやすい!
 大人は腰をまげなくてもいいから。

・ほうき部分も密になっているから、プラスチック製ほうきよりも、そうじがスムーズ!
ほこりもしっかり掃きだすことができます!

 

・上の方のほこりを落とすこともできる
・すみっこの、掃除機がけではとれないほこりをはらいおとせます。
・家具と壁のすきまにも、ほうきは入ります。

少し時間はかかっても、
気になったところをていねいに、ピンポイントにそうじができます。

・音を気にしなくてもいいので気になったらいつでも掃除ができる
ちいさいお子さんが、掃除機の音が嫌だ、というおうちは、ほうきを大プッシュしますよ

掃除習慣がつけやすいアイテム

音を気にしなくてもいいので気になったらいつでも掃除ができる
これは掃除を習慣にしたい人にはぴったり
少しのゴミが気になる人にもおすすめ。
掃除機がかけられない、という言い訳も、これでできなくなります(笑)

 

 

ブリキのバケツにも愛着

ブリキバケツも大活躍です。
普通のバケツよりひと回り小さいので

これが使いやすいんです。
ふき掃除の強い味方!

 

ほうきとバケツ
どちらも掃除習慣をつけるのにぴったりな道具になりました。

 

ほうきは時間を選ばないお掃除アイテム

もう、このほうきを買って4年になりますが
いつでも掃除ができる、ということ。
掃除機のようにうるさいから今は使えない
ということもなく
いましたいのにできない、というストレスがないのは
本当にうれしいことです。

 

まとめ

昔から使われてきた道具というのは
ほんとうに考えて作られているんだな、と思いました。
ミニマムにすごすなら
そうじきはほうき、どちらかだけでいいのかもしれません

でもわたしは、飽き性なところもあったり、
掃除機もほうきもどちらいいろころがあるので
その時に応じて使っていくと思います。

 

 

 

読んでいただきありがとうございます!

ほうきの記事はこちらでもよめます

掃除に、シュロほうきもおすすめしたい訳は?
【セリア】つい使いたくなるレトロな“ほうきとチリトリ”で気持ちいい暮らしを手に入れる。
【ミニマリスト】ほうきに種類はある?何年使えるの?
【セリア】このほうきを買おうと思ったら・・・はき掃除にはおすすめしないワケとは?

ほうきといっしょに掃除を習慣化できたアイテム
【マキタ掃除機口コミ・レビュー】:めんどうな掃除が“楽しく”なる掃除機