お風呂は“ついで掃除”で家事ラク!

ついで・ながら そうじ
スポンサーリンク

お風呂そうじ、いつしてますか?

忙しい人やそうじがキライなひとには
お風呂にはいったあとの“ついで掃除”を猛PUSHします

お風呂アイテムは少なくしよう

うちで使っているお風呂アイテムはこちら

・浴槽2枚フタ

・手桶

・いす

・シャンプー・リンス・ミノン(全身シャンプー)
・これをまとめるカゴ

・石鹸と石鹸おき

・ボディータオル

・シャワーヘッド

以前は手桶と桶がもう1点ずつありました。
が、処分しました

お風呂にある小物が少なくなったので、普段から掃除がしやすくなります
ぜひためしてみてください

お風呂場の外にそうじ道具をスタンバイ

SPONSORED LINK



お風呂場のドアを開けたら

掃除道具が取れるようにしておくと

ついでに気楽に掃除ができます

亀の子タワシを愛用しています

昔から長年使われるには理由があります。
初めて使った時になるほどー!と思いました。

亀の子タワシを使うといつも感動します。
掃除がしやすいように、よくできてるんですよね。

軽い汚れならば、軽くゴシゴシっとするだけで、
シュロでしっかりできたタワシだから簡単におとせます。

これがとってもいいところです♪

レトロかわいいのと
実用性があるのとで
お気に入りです!

使い勝手のいい道具があると
そうじもやろうかな、と思いますよね

おすすめ掃除グッズ!はこちら

・亀の子タワシ

・メラミンスポンジ

・重曹

スポンサーリンク

シャワーとタワシでササッと掃除

①少し熱めのシャワーをザーっと流しながら、上から下に
まずは壁からタワシでお湯を流しながらこすっていきます


②ランプカバーも

ざっとこすります

③次に作りつけの棚もゴシゴシ

棚と壁の間にわずかにすき間がある場合はカビが生えやすいので
気をつけましょう

④蛇口付近はメラミンスポンジで磨きます。

⑤お風呂の蓋は、タワシで。

⑥椅子、手桶、浴槽まわりなどはタワシ、メラミンスポンジ、重曹で磨きます
少しほおっておいた頑固汚れは重曹があるとキレイになります。

⑦最後に床をタワシでこすったら終わり。

熱めのお湯で流しながらなので
もったいないような気もしますが、
蒸気がサウナのようになり
毛穴も開いて、いいですよ♪

最後に自分を洗って完了です。

最後はスクイズで

最後は水シャワーで全体を流して
お風呂部屋の温度をさげておきましょう

カビがはえにくくしておくためです

そして、100円ショップでかえる、簡単なスクイズ(ワイパー)で
水分を切っておきます。

今回は、カビ予防にコレ

バイオ お風呂のカビキレイ

など

防カビ剤を2か月に1度くらいのペースで使います。

手の届かないところにも
防カビ剤が届いてくれます

お風呂場の換気扇は
カビが発生しやすい場所ですが
ここにも届いてくれます

効き目もありますし、
少し掃除ができなかったとしてもキレイが長く続きやすくなります

まとめ

毎日使うところほど
ツイデ掃除がしやすいですよね。

意識しておかないと習慣にはなりません」

そのためにまず、ついで掃除がしやすい環境づくりおすすめします
そうじが終わったら予防もお忘れなく!

お読みいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました