【家、ついて行ってイイですか?】熊本震災に見舞われた方の回に学ぶ

スポンサーリンク
ミニマリスト*断捨離

 

今回は家ついて行ってイイですか?
の年末スペシャルの回を
見て感じることがあり
上げてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

震災に見舞われた60代後半のご夫婦

ご夫婦と、ご主人の訓練により、
二足歩行ができるわんちゃんの
ご家族の回でした。

ご主人は、大病をされ、今はわんちゃんといっしょに
誰かが喜ぶことを自分の幸せと感じながらすごしていらっしゃる、
そんなお話でした。

 

ご自宅の様子

 

ご夫婦の敷地には4つの建物がありました。

1つ目が、震災で被害を受け解体を待つおうち
2つ目がカラオケのあるお部屋
3つ目が物置部屋
4つ目が今のおうち

カラオケ部屋を作られたタイミングが
どうだったかを聞き逃してしまいましたが

物置部屋と現在のお住まいは
震災後に作られたたそうです。

 

お家の中や物置を見て、思ったこと

これは、学びとして感じさせてもらった私の感想です。

 

解体予定のおうちから、
現在のおうちに、ものも一緒に引っ越しされている
という感じですが

大きなお家から、おうちを3つにわけてくらしていらっしゃることで
容量オーバーになってしまっている印象でした。

 

かといって
急に処分をする、ということもできないだろう、と思います。

処分するつもりもないかもしれません。

 

でも、いつかは全て手放すそんなことを
普段から感じながら暮らすことも大事かもしれない
と思いました。

 

出来ればご夫婦がそろってお元気なうちに
持ち物を手放していくのがいいのだろう、と思います。

 

どちらかになってしまった時に
かかってくる負担も大きいです。

 

必要なものだけを最低限にしておけば、
どの道をたどっても
困らないと思います。

 

シンプルに生きたい。

SPONSORED LINK



40才で、子供達もまだ成人していませんが
あまり大きな持ち物を残していくのは
辞めたいと思っています。

 

何も持たず生まれてきて、
ものに囲まれて暮らしてきましたが
自分に何かあった時、子供たちに持ち物を沢山整理させたくない
と思っています。

 

ある程度の整理はお願いすることになるでしょう。

でも、たくさんのものを残していきたくない

そういう思いがまた強くなりました。

まとめ

この番組は
おうちに来ていいよ、
とおっしゃる方の人生を見せていただくと同時に
お家の中も見ることができます。

 

普段はつながることのできないような方の
お家を拝見する、というのは
芸能人の方のおうち拝見よりも学ぶことが沢山あります。

 

また気になる回があればUPしたいと思います。

お読みいただきありがとうございます!

あわせてどうぞ^^
やましたひでこさんの断捨離をBSでみた。“ウチ、断捨離しました”-60代夫婦食器棚編ー

【今日で捨てましょう】50代男性が15年間持ち続けたガンプラを番組内で捨てた話題におもう

“ガラ-ン”は魔法なんかじゃない

コメント