ウチ、断捨離しました第4弾:ママに共感

スポンサーリンク
ミニマリスト*断捨離

こんちは。
あおです。

 

ちょうどこの放送の前日から
西日本は記録的豪雨で
日曜の今朝のニュースでは浸水によって孤立されたかたの救助や
朝から浸水したおうちの片づけをされている姿をみました。

1日も早い復興をお祈りします、というと
他人ごとのようになってしまい申し訳ない気持ちにもなりますが、
わたしはいまわたしが伝えたいことを残していこうと思います。

 

 

 

こんなかたにおすすめ

かたづけたいけど、どうしたらいいかわからない!
本を読んだけじゃなかなかわからない!
ふだんから断捨離はしてるけど復習しておきたい!

 

スポンサーリンク

ウチ断捨離しました!の第4弾。
放送されました!

今回の3家族のうち
どれもUPしたいのですが、

わたしはこのママとよく似た性格なので
自分と重ねてみていました。

 

子育てがはじまって
こどもに手がかからなくなってきたし
家計の助けに働き始めるママも多いと思います。

 

今回は4人家族で2人のおこさんをもつ、
パートもちママの回をUPしていきます。

1話目『ためこみ続ける家』

 

 

間取り4LDK(2階建て)

ママ(47歳)・パパ
おこさんは11さいと6さい

9年前にひっこし。
かたづけが苦手×子育てにおわれて
ものが片付かない。

 

どうしてこうなったの?

ママ

■いまの環境の忙しさはちょっとはあると思うんですね→パートをはじめて状況悪化
■掃除・かたづけの時間を自分のスケジュールの中にいれていない

 

おこさんが思っていること

■うちって洗濯物多くナイ?
1Fにも2Fにも室内にも干すところがあるよね

■ソファーになにもなくてリビングが広くなってほしい
→お部屋をひろく使ってあそびたいけど、おかあさんが忙しそうだから言わずにガマンしている

 

ママのいってることも
おこさんのいってることも
わかりますよね。うんうん。

 

スタッフさんに
『育児も子育ても完ぺきにしたい?』ときかれ

『ぜんぜんできてない、
涙が出そうになってきた』

というママ。

あ”---
わかります。そのきもち・・。

そして続けて

『忙しいとイライラするときがあって
怒られなくていいところで
こどもが怒られていると思うときがある{}と。
泣いていました。

わかります、
わかってるんだけど、怒っちゃうんですよね。

帰ってきて へとへと
こども達のお世話・・・

つい やつあたり。

 

ママの思っているように
かたづいていないからイライラする、
というのは間違いなくありますよね。

 

 

やましたさんが訪問、断捨離をアドバイス

やましたさん、キュートなんで
今回お写真UPしちゃいました。
そしておしゃれーなんですよね。

そしておうちについて
リビング、押入れをチェック

2Fの物置・・・
めまいがする、というやましたさん。

たしかに・・・。
やましたさん
「きちんとする時間がなかったのかなーゆとりが」

 

そうですよね。
家事・育児でめまぐるしく動いてると
できないこともありますよね。
もう使わなくなったベビー家具とかおもちゃとか
すてられる日が少ないと
ついこうなっちゃう、ってあるあるやと思います。

 

育児に追われていると
ゴミの日もわかんなくなっちゃったりします。
カレンダーにかいてあって覚えてても
捨てられなかったーとか。

 

ひととおり見てまわった やましたさんの判断は
「ちらかりじゃなくてためこみ」
入ってくるばかりで出口がない状態

こう言う判断は
かたづけられない人はやっぱり判断ができなくて
こうやってはっきり言ってもらうことってだいじなんですよね。

やましたさんはリビングの物入れをあけて
「紙おむつ」とかかれた箱をみつけ
お子さん小学生なのになんでおいてあるの?

ママは
下痢の時とか、何かの時に使えそう。

私も昔、おんなじような理由で
おむつをしばらくおいていた・・・^^:

 

やましたさんはこう続けます。

このおむつは必要がなくなっているよね?
必要がなくなっている、
だけど
なにかにつかえるかも
という思考のクセが
すべてためこみにつながっているんです

SPONSORED LINK

やましたさん 捨てるを伝授

捨の術1 いつか・どこか・誰かが使うという思考をやめる

いつか
どこか
だれか

これはすてる
いま必要なモノだけを残す!!

 

捨の術2  万が一必要になった場合はまた手に入ると考える

リビングの物入れにはいっている
おこさんの自転車のサドルを例に

ママ 『いまこどもがのっているサドルがこわれたら使える』
やましたさん 『でもいま こわれてないんだよね?
必要な時にまた手に入る、という思考をつくりあげる。
モノをかたづけてるんじゃなくてママの考え方をかたづけている』

思考のクセは意識しないとなおらないので、
じぶんだけでやるときは
この捨てる術5つを頭に入れておくか、メモしておくか
スマホで画像でのこすなどして
確認しながら進めるといいのでは?

 

捨の術3 大量にたまりがちな物は少量で回転させる

ここでは大量のポケットティッシュを例に
おはなしいていました。

日用品は多くストックをもつのではなく
必要な分だけもちましょう

私もレジ袋は少量で回転させてます
レジ袋は三角におらなくてもOK

 

捨の術4 とって置くものは必ず使う物だけ

 

術の1ともダブってくることですが
はっきりと使う!ときまっているものは
(近い未来)
とっておいてOK

 

捨の術5 誰かにあげようと思う気持ちは自分の物への執着と理解する

誰かの役にたつかも
とおもうことはそのものに執着があるということ
じぶんがすてるうしろめたさから逃れようとしていること

ちょっとキビシメにきこえますが
そうなんですよねー。

 

そしてご自分で判断していきながら
こんなにもきれいに!!
ママ、やったねー!!
すっきりしましたね。

 

思考からしっかり学ばれたので
ドンドン捨てていけそうですね。

やましたさんはココでお別れ
1か月後にまたきます。

 

夫婦で物置部屋から断捨離スタート!

平日にお仕事がお休みの日に
夫婦で2Fの物置部屋から断捨離。

2Fからとなると2人で断捨離するほうが
はやくおわりますよね。
協力しあってすばらしです。

こわれたおもちゃや、粗大ごみでだしそびれていた掃除機2台など
ママの若かりし頃のお洋服も断捨離。

 

ママは結婚してからから慣れない家事とかたづけに奮闘したけれど
おこさんがうまれてからは次第にあきらめるように。(わかります!)

きがつけば家には大量の物があふれ、逃れるように外へでかけるように。

でもものがかたづけばゆううつとサヨナラできると信じて
物置部屋でモノとむかいあい、
かたづけに成功^^

先ほどのベビーチェアのあった物置部屋が!

すごい!
1階には部屋ががうまるほどのゴミが。

 

そしてこの奥の物入れが空くようになったので
次はここ。

しかし9年前のひっこしのままの段ボールがおかれてます・・・・

これ、危険なニオイがしますねー。
あけたらワオ!なつかしーー!
ってなるやつじゃない?!

 

 

ここはみないで捨てるっていってたけど
このおもちゃはおいとこうかな、
こども達が小さいときのおもちゃをみつけて
娘さんがあかちゃんをうんだら・・
だんなさん ええーー?

えーーーー!!ですよね。
やましたさん、
いま必要なものだけおいとくっていってたのにー。

昔のビデオも思い入れがあるらしく捨てられない・・・。

 

 

あお:引越ししたらダンボールは早くほどこう!

とにかく、収納がなくても、ダンボールからださないと
このようなことになってしまいます・・・

これはかたづいているわけじゃなくて
ただいれてあるだけなので、
せっかくひっこしで運んでも9年間使わなかった状態だったわけです。

ひっこしの段ボールは
とにかくはやく、あけちゃいましょう!

 

1か月後 やましたさん再訪問

だいぶとものは減ったけど・・・・
まだまだモノはあふれてます。

リビングの洋服ラックが気になるやましたさん

ママは忙しいときに2階にいくのが大変だから
洋服ラックをおいている、と。

やましたさん
 人はみんなめんどくさいものなのよ、と。

なにがめんどくさくしているか?
手間がいっぱいかかることがめんどくさいということ
ものをへらしていけば手間もへってめんどくさいというきもちがなくなり
これくらいならできる、と思える
その気持ちをとりもどしていこう。

 

きたい服だけを選んで、2Fクローゼットへ。

1Fの用途別にまとめれば手間が減りめんどくさいがなくなる

そして、ママがめざすのは
家族が快適にすごせる空間、
ということははみだしているモノは全部いらない。

モノは部屋の収納におさまるだけまで減らす
という課題をおいてやましたさんは去っていきました。

 

断捨離完了

こうして、断捨離はひとなつ

ママ、とげとげなくなった
やつあたりもなくなった
2Fではお子さんも体を動かして遊べるように。

家族団らん、ゆとりある空間ですね!

モノと人の心ってほんとうにつながっていて。
ママも子供たちにあたらなくなった、ほんとうによかったです^^

SPONSORED LINK

 

まとめ

捨てる術

捨の術1 いつか・どこか・誰かが使うという思考をやめる

捨の術2  万が一必要になった場合はまた手に入ると考える

捨の術3 大量にたまりがちな物は少量で回転させる

捨の術4 とって置くものは必ず使う物だけ

捨の術5 誰かにあげようと思う気持ちは自分の物への執着と理解する

 

いかがでしたか?
他にもこの番組をまとめたのがあるのでそちらも参考にしてくださいね!

【ウチ、“断捨離”しました!第2弾】ケース①-1片づけられない子どもたちーやましたさんがチェック

【ウチ、“断捨離”しました!第2弾】ケース①-3片づけられない子どもたち-思い出の品はどうする?こども部屋は家族全員で

 

コメント